BMW

【BMWの魅力】クルマで見栄を張りたいなら中古のBMW3シリーズがコスパ最高

皆さんはどういう基準でクルマを選んでいますか。

性能はもちろん大事ですが、どれだけ見栄を張れるか、どれだけステータス感があるか、も同じくらい重要だと思います。

今日はBMWの魅力の一つである、「見栄を張れる」という要素について書いていきます。

これを読めば、BMWがますます欲しくなること間違いなしです。

見栄を張るなら新車より中古車

一般的に高級車として認知されているクルマを新車で買おうとすると、最低でも500万円、ちょっとオプションをつけたら600万円オーバーです。

クルマ1台にこんなお金を出せる人は、ただのお金持ちです。

そうではなく、普通のサラリーマンが見栄を張れるクルマを選ぶなら、絶対に中古車を買うべきです。

同じクルマでも、新車と中古車では値段が全然違います。展示車や試乗車など、走行距離が何千キロしかないようなクルマでも、新車と比べると100万円以上安いこともあります。

新車の場合、カラーやオプションを自由に選べる、そのクルマの最初のオーナーになれるなどの付加価値がついてきますが、そこに100万円以上の価値があるかというと、そこまでではないように思います。

中古であろうが新車であろうが、ほとんどの人にはわかりません。現行だろうが一世代前のものだろうが、ほとんどの人にとってクラウンはクラウンですし、ベンツはベンツなのです。

国産車は中古でも値下がりしづらい

国産車は輸入車に比べて、中古になっても値段が下がりづらいため、中古車を買うメリットが薄いです。

今回のテーマとは離れますが、新車を買って早期に買い替える人にとっては、購入価格と売却(下取り)価格に開きが少ないため、国産車はおすすめです。

一方、できるかぎり購入費用を抑えたい人、つまりお金はないけど見栄を張りたい、という人については、国産の高級車はおすすめしません。

また、クラウンやフーガはスマートさに欠けること(おじさんのイメージ)、レクサスもこれといった特徴がなく、どうしても欧州車の二番煎じのイメージがあることから、個人的にはあまり魅力を感じません。

ドイツ御三家以外の輸入車はマイナーなイメージ

輸入車=高級車、というざっくりしたイメージがありますが、その知名度はさまざまです。

アメ車は見た目の迫力がありますが、日本国内での各メーカーの認知度はそれほど高くありません。ドイツ車でも、ワーゲンはどちらかというとコストパフォーマンスに優れたいいクルマ、という印象で、見栄を張る、という点においては少し物足りません。

このような感じで選択肢を絞っていくと、結局はベンツ、BMW、アウディの御三家にいきつきます。

ベンツとアウディについて思うこと

ベンツは御三家の中では最も高級感があり、実際内装の質なども素晴らしいです。ただし中古車の流通価格も高く、同じ年式で比べると、BMWやアウディよりも100万円以上高いものもあります。

アウディは価格に関してはBMWとほぼ同じくらいです。そしてブランドイメージのおしゃれさではアウディがナンバー1です。しかし、走行性能に関してこれといった特徴がなく、ブランドイメージだけで選んだ感が出やすいという弱点があります。この点、BMWであれば、走行性能で勝負しているというイメージが定着しているので、見栄でクルマを選んだことがバレにくいです。一応アウディにはquattro®(フルタイム4WDシステム)という特徴もありますが、価格が上がること、日常生活でそれが活躍する場面が少ないことから、コストパフォーマンスは低いです。

このように、ベンツもアウディもそれぞれ特徴があり、もちろんどちらもいいクルマなのですが、見栄を張れるクルマをできるかぎり安く手に入れる、という視点で見ると、どうしてもBMWに劣ります。

BMWの中古車

BMWの中古車の価格は、新車に比べて、かなりお値打ちになっています。

これはBMWが故障しやすい輸入車の代表格だった時代のイメージが、いまだに残っているからだと思います。個体差はあると思いますが、今のBMWは確実に故障しづらくなっています。僕も購入直後の車速センサーの故障以外は、丸二年間ノ―トラブルです。

中古車のお値打ち感を最も実感できるのがBMWだと思います。

3シリーズのコストパフォーマンス

Photo by Www.Velgen20.Com

高級感(いかに見栄を張れるか)は、ブランドイメージと車格によって決まります。

ブランドイメージとは、ホンダや日産よりもレクサスやベンツのほうがより高級感がある、といった話です。

車格とは、例えば同じBMWでも、1シリーズよりも3シリーズ、3シリーズよりも5シリーズのほうがより高級でグレードが高い、という話です。

このような視点で比べてみると、「BMW」の「3シリーズ」が最もコストパフォーマンスが高いといえます。

すでに書いたとおり、BMWはドイツ御三家という圧倒的なブランドイメージがあり、一般的にはBMWは高級車です。

そして、3シリーズはボディサイズ的にもちょうどよく、普段使いのクルマとしてもとても優秀です。5シリーズ、7シリーズと車格が上がるにつれ当然高級感は増しますが、その分車体も大きくなるうえ、そもそも金額的に一般人には手が出せません。

狙い目のBMW

見栄を張りたい、という目的で選ぶのであれば、3年落ち~5年落ち程度の車体がおすすめです。これであればオプションや保証を含めても250万円以内でおさまります。

これ以上新しいものは価格が跳ね上がりますし、これ以上古いものは故障の面で不安です。

カラーは人気色である白や黒以外がおすすめです。赤や青など好みがわかれるカラーは、グレードが同じでも安くなります。

エンジンに関しては320iまたは320dで十分です。走りにこだわりがある人以外は、ベースグレードでも十分楽しむことができますし、エンジン性能は他人にはわかりづらいため、そこにお金をかけることはコスパが低いといえます。

Mスポーツか非Mスポーツかで見た目が大きく変わるので、これについては購入前に慎重に検討したほうがいいです。フロントバンパーとタイヤ(ホイール)サイズに大きな違いがあり、Mスポーツのほうが迫力ある印象で、価格も上がります。エレガントなイメージで乗りたいなら、あえて非Mスポーツを選ぶのもありだと思います。

まとめ

僕は今乗っているBMWを購入する際、いかに安い金額で周りに自慢できるクルマを手に入れられるか、という点も結構重要視しました。

もし同じような基準でクルマを選ぶ人がいるならば、中古のBMW3シリーズは非常におすすめです。

中古のBMWはブランドイメージのわりに価格が安く、昔ほどは壊れません。また、ベンツや国産車(の中古)よりも安く、アウディよりも見栄で選んだことがバレにくいです。特に3シリーズは運転しやすいサイズ感で実用性もあります。

フルモデルチェンジを終えた3シリーズのF30型は、中古価格も下がってきていて特におすすめです。

ぜひ候補の一つに加えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました