自分磨き

やらない理由が見つからない!筋トレのメリット5選

筋トレに興味があるけど、なかなかその一歩が踏み出せない人向けに、今日は筋トレのメリットについて書いていきたいと思います。

これを読めば、皆さんも筋トレしたくなること間違いなしです。

メリット1:自信が持てる

筋トレの一つ目メリットは、自分に自信が持てるということです。

筋トレによって得られる自信には2種類あって、一つ目は外見の自信です。

筋肉質で引き締まった体は、単純にカッコよく、それだけ自分の外見に自信を持つことができます。

もう一つは内面の自信です。

筋トレという本来やらなくてもいい辛いものを、誰に強制されるでもなく継続しているという事実は、やればできるという大きな自信になります。

また、ある程度筋肉がついてくると、だらしない体をした人に何を言われようが気にならなくなります。

「そんなみっともない体で偉そうなこと言っても、まったく説得力ねーよ。」てな感じで、周りからのストレスを受け流せるようになります。

自分に自信が持てれば、仕事も恋愛もうまくいく可能性がアップすると思います。

メリット2:服が似合う

筋トレをすると服が似合うようになり、おしゃれをするのが楽しくなります。

過度の筋肉は逆効果ですが、ファッションの面から見ても、適度な筋肉は絶対必要です。

僕たちが普段着る洋服を着こなすには、洋風な(西洋人的な)体型になる必要があります。

とくに日本人は、肩周りや胸が貧弱なので、これらの筋肉を鍛えることで、スーツやTシャツが格段に似合うようになります。

また、腕を鍛えることで半そでを着た際の貧弱さも解消されます。

筋肉がつくと姿勢もよくなり、全身のスタイルもよく見えるようになります。

おしゃれをするなら筋トレも絶対やるべきです。

メリット3:毎日が楽しくなる

筋肉がついてくると、鏡の前で自分の体を見るだけで楽しくなります。

逆に、自分の体型が気に入ってなかったら、鏡の前に立つだけで憂鬱な気分になりますよね。

鏡の前に立つことは、普通に生活していたら避けることができません。

だったら楽しい気持ちになれる方がよくないですか。

また、筋トレをすることでテストステロンが分泌されます。

これは男性ホルモンの一種で、その人をよりポジティブにしてくれます。

陰鬱で気分が乗らない日々が続いているときは、筋トレをすることで気持ちを切り替えることができます。

僕は元来ネガティブな性格ですが、筋トレの直後、特にパンプアップした体を鏡で見ているときだけは、謎の万能感と多幸感で満たされます。

メリット4:健康になる

筋トレを続けていると、自然と食事にも気を遣うようになります。

より多くの筋肉をつけ脂肪を落とそうとすると、食事内容に気を遣い、余計なものを食べないようになります。

すると、結果として健康的な食事ができるようになります。

また、筋トレが習慣化してくると、そのペースが乱れるのがとても苦痛になります。

筋トレのペースを守るために、それ以外の予定を調整するようになり、生活のリズムが整います。

暴飲暴食も減ります。

筋トレを中心として、健康的な生活が手に入るのです。

これは誰に強制されるでもなく、自発的にそうなっていくので、ちょっとやそっとじゃ乱れることのない、強力な生活習慣になります。

メリット5:モテる

筋トレだけでモテモテになる、そんな甘い話はないですが、筋トレをしていることで、モテ度は確実にアップします。

人間誰しも引き締まった体に憧れがありますし、それを美しいと思う感性を持っています。

中身が同じ人間なら、当然美しい方をより魅力的だと思うに決まっています。

あと筋トレをしていると、それがコミュニケーションのきっかけになる、ということをよく感じます。

どんなトレーニングをしているか、とか、食事のこととか、男女問わず関心が高い話題ですし、大胸筋とか腹筋を触らせてあげると確実に盛り上がります。

残念ながら僕はトーク力がないのでその先がないのですが、少なくとも筋肉がマイナスポイントになることはないですし、鍛えておいて損はないと思います。

また、女性だけでなく男性からも、筋トレのことをいろいろ聞かれたりして、筋肉キャラとして、自分のポジションを確立することができます。

筋トレという苦行を継続しているという事実が、周囲からのリスペクトに繋がるのだと思います。

だから、女性にモテたい、という人だけでなく、働くすべての人に、筋トレはおすすめです。

まとめ

以上が、僕が思う筋トレの主なメリットです。

反対にデメリットはないのか、と思う人もいるかもしれませんが、これがほとんどないんですよね。

圧倒的にメリットの方が大きいです。

これらのメリットに一つでも魅力を感じたら、早速筋トレを始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました