カジュアルスタイル

【MY FASHION】30代の僕が服選びやコーディネートで意識していること

歳をとると、服の好みも変わるものです。

今日は30代半ばに差し掛かった僕が、普段のファッションで意識していることについて書いていきます。

基本はゆるめのアイテムで

時代の流れなのか、自分が歳をとったせいなのか、ゆるめの服ばかり選んでいます。

それだけだと子どもっぽくなってしまうので、アクセサリーや靴で引き締めるのが基本スタイルです。

トップス

オーバーサイズシャツやカットソーが中心。

ニットは裾にリブがないものを選びます。

アウターも肩周りがきつくないか、胸が窮屈じゃないかをチェックし、丈は長めが好みです。

また、横から見たときのシルエットに特にこだわっていて、大きめのトップスを着た時の背中~腰にかけてのゆとり(ドレープ感)は必ずチェックするようにしています。

この辺はレディースによく見られるようなシルエットを意識しています。

ボトムス

ワイドパンツやテーパードパンツなど、リラックス感や抜け感のあるアイテムを選んでいます。

まだまだおしゃれに見られたい、という思いがある一方で、そういう思いを悟られたくない、という気持ちもあり、細身のアイテムは意識的に避けてますね。

特にスキニーパンツなんかは、「穿き心地を犠牲にしてまでおしゃれを頑張っているのか」なんて思われそうで、もう何年も穿いていません。

スニーカー、革靴、サンダルと満遍なく履いています。

夏は雨の日以外はレザーサンダル。冬の外出はスニーカー。街に出るときは革靴と使い分けています。

一時期頑張っていない感を出すためにスニーカーばかり履いていましたが、今は大人っぽさを求めて革靴を履くことが多いです。

ただ、リラックス感(大人の余裕)も演出したいので、かわいさも兼ね備えているパラブーツを最近購入しました。

アクセサリー

アクセサリーは必ずつけています。

左腕にはオンオフ問わず使えるロレックスのデイトジャストを。

これ一つでカジュアルなファッションも大人っぽくクラスアップできます。

右腕にはインディアンジュエリーとレザーブレスレットを重ねづけし、右手にシルバーリング(これもインディアンジュエリー)をつけます。

シンプルなトップスにはアクセサリーを多めに、印象的なトップスにはアクセサリーを少なめにしてバランスをとっています。

暖色系のアイテムを取り入れる

20代まではほとんどモノトーンばかりで、かろうじてパンツだけインディゴデニムって感じでした。

好みが変わったのか、加齢により似合う色が変わったのか、最近はブラウン系のアイテムをよく使っています。

差し色にはボルドーやバーガンディ、ワインレッドを使うことが多いです。

もともと好きな色ではあったんですが、特に最近は使用頻度が増してきました。

ほかにもキャメルとかベージュとか、今まで使わなかった色も取り入れたりしています。

ブラックとホワイトのようなコントラストの強い組み合わせよりも、なじみのいいアイテム同士でコーディネートすることが多いです。

使いやすいモノトーンは、グレーを選ぶことが多いです。

手持ちの服は厳選したものばかり

社会人になると私服を着られる機会は限られているうえ、最近は季節の移り変わりも激しいので、服を買っても数回しか着ない、なんてことも多いです。

ですので、クローゼットの中身を極力減らし、本当に必要な枚数しか持たないようにしています。

そして、いま持っている服よりいい服、いま持っていない服でめちゃくちゃいい服を見つけたときだけ、吟味に吟味を重ねて買うようにしています。

その結果、クローゼットの中は本当に気に入っている服だけになるので、眺めているだけで気分がいいです。

あと、せっかく買ったのに着ていない服がなくなるので、精神的な安定も得られます。

本当に気に入った服は高くても買う

所有するアイテム数を減らすことで、一つ一つの服にお金をかけられるようになりました。

その結果、値段で服を買うことがなくなり、気に入った服であれば多少高くても買うようになりました。

そういう服は結局何回も着ることになるので、長い目で見ればコストパフォーマンスがいい、ということを知ったからです。

あと単純に、30代ともなるとやはりそれなりの服を着ないと格好がつかない、とも思うからです。

極力通販では買わない

どうしても通販でしか手に入らないアイテムを買うとき以外は、基本的に実店舗で買うようにしています。

その理由は、服選びにおいてサイジングを最重要視しているからです。

デザインや全体的なシルエットは写真でもわかりますが、それを自分が着たときにどう見えるかは、実際に着てみないとわかりません。

肩周り、袖丈、胸周りetc…サイジングでチェックすべき箇所はたくさんあります。

少しでも違和感があれば潔く諦めます。

また、実店舗で購入するメリットとしては、今の流行を知ることができる、店員さんからアドバイスを受けられる、という点があります。

30代にもなると、普段周りの人と服の話をする機会もほとんどなくなり、ファッションの感度がどうしても鈍くなります。

意識的に街に出て、おしゃれな人と話をするだけでも、かなり刺激になります。

まとめ

年相応の大人っぽさも出しながら、適度に流行も取り入れる必要がある30代のファッションは、いろいろ考えることがあって大変です。

こうしてまとめて見ると、普段自分がしている格好を客観視できておもしろいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました