ファッション考察

【トレンドファッション】オーバーサイズシルエットの流行について冷静に考えてみる

ここ数年、巷ではオーバーサイズのアイテムが流行しています。

僕の記憶では、10年ほど前はタイトシルエットが主流であり、その後徐々に、トップス、またはボトムスのいずれかにゆとりのあるアイテムを取り入れ、上下でメリハリのあるファッションを見かけるようになりました。

そして現在は、トップス、ボトムスともにオーバーサイズのアイテムを身に着ける、全身オーバーサイズシルエットのコーディネートが主流となっています。

このような状況の中、我々30代男性もオーバーサイズシルエットを取り入れるべきなのでしょうか。

オーバーサイズはファッションとしてかっこいいのか

過去の記事でも触れましたが、メンズファッションにおける基本的なシルエットはIライン、Aライン、Yライン3つです。

簡単に言うと、トップスボトムスいずれか(または両方)に細身のアイテムを取り入れると、全体としてバランスがとりやすい、ということです。

これら3つのいずれにも該当しないオーバーサイズシルエットは、理屈からいけばかっこよく見えない、ということになります。

なぜ上下ともにゆとりのあるアイテムを選ぶとかっこよく見えないのか。

端的に言えば、だらしなく、子供っぽく見えるからです。

メンズファッションには、きちんとして見えること、大人っぽく見えることが求められます。

オーバーサイズはその対極にあるシルエットと言えるため、かっこよく見せるには不向きなのです。

なぜオーバーサイズが人気なのか

オーバーサイズの服は、細身のものに比べて着用時のストレスが少なく、またサイズ選びもシビアではありません。

そして、ゆとりのあるアウターは重ね着もしやすいため、より少ない服で着回しを楽しむ時代のムードにもマッチしていると言えます。

これらの理由により、オーバーサイズシルエットは、特に若者の間で流行しているのだと考えられます。

理屈と流行どちらを重視すべきか

かっこよさに重きをおいた細身のシルエットは、自然体であることをよしとする今の時代にはそぐわず、ともすれば時代遅れのファッション(ダサい)と思われる危険性があります。

流行のファッションがおしゃれだと評価されるのは、必ずしもそのファッション自体がおしゃれなのではなく、流行しているからこそ「その時代に限っては」おしゃれだと評価されるのです。

つまり、理屈からいけばおしゃれであるはずのないファッションであっても、それを取り入れることで、「その時代に限っては」おしゃれに見せられる場合があるのです。

そして現在、オーバーサイズシルエットがおしゃれに見せるために必要な「それ」にあたると言えます。

流行ファッションのリスク

流行から生まれるおしゃれアイテムは、その流行が終わるとたちまち陳腐化し、ファッションをダサくさせる要因となります。

一方、流行することに明確な理由があるものについては、流行が去ったあとも定番アイテムとして世の中に定着します。

オーバーサイズシルエット(特にコーディネート全体としてのオーバーサイズ)は、あきらかに前者であり、今しかできないおしゃれと言えます。

30代男性がオーバーサイズシルエットを着こなす方法

我々30代男性には、10代、20代の若者と比べて、より大人っぽさが求められます。

しかしオーバーサイズは大人っぽさの対極にあるため、その他の要素で大人っぽさを補ってやる必要があります。

具体的には一つ一つのアイテムの素材感です。

できればファストファッションは避け、より高級感のあるものを選ぶようにするべきです。

足元はスニーカーではなく革靴を、スポーツサンダルよりもレザーサンダルを選べば、より大人っぽく見えます。

時計などの小物にもこだわりたいです。

また、極端なオーバーサイズは避け、適度なゆとりのあるアイテムを選ぶことで、頑張りすぎていない自然体なおしゃれに見せることができます。

若者が作り出した流行をそのままコピーするのではなく、その年齢に適した形にアレンジして取り入れることが、大人男子には求められるのではないでしょうか。

まとめ

最後に、今回の記事の内容を簡単にまとめておきます。

  • オーバーサイズシルエットそれ自体はかっこいいものではない。
  • 流行しているものがおしゃれなのではなく、流行しているからおしゃれだとみなされる。
  • オーバーサイズは現在流行しているので、オーバーサイズを取り入れることでおしゃれに見せることができる。
  • ただし数年以内におしゃれでなくなる可能性が高い。
  • 30代男性がオーバーサイズを取り入れる場合、その他のアイテムで大人っぽさを補う必要がある。

皆さんもオーバーサイズシルエットを取り入れて、今しかできない流行のおしゃれを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました