【ファッション考察】おしゃれに見える人とおしゃれに見えない人の違いはどこにあるのか?

世の中には、頑張っておしゃれをしようとした結果、ちゃんとおしゃれに見える人もいれば、そうでない人もいます。
その違いはどこにあるのでしょうか。
今日はおしゃれに見える人とそうでない人の違いについて考えてみようと思います。



ファッションセンスよりも大事なこと

おしゃれに見えるか否かには、まずは服選びのセンスがあるかどうかが大きく関わってくると思います。

ファッションには、おしゃれに見せるためのいくつかのルールが存在します。トップスとボトムスのバランス色の組み合わせなどです。
これらのルールに則ったコーディネートが無意識できる人は、すなわちセンスがある人と言えます。センスがいい人の中には生まれつき美的感覚に優れた人もいれば、ファッションが好きで失敗と成功を繰り返すうちに自然とセンスが磨かれてきたという人もいるはずです。

しかし、ファッションセンスがないとおしゃれに見えないかというと、そうではないと思います。自身の格好を見て、服選びやコーディネートの違和感(=失敗)に気づくことができれば、おかしな格好のまま人前に出ることは回避できます。外出前の失敗であれば誰にも見られません。

このように、生まれ持ったファッションセンスがなくても、自分自身を客観視できれば、他人に「ダサい人だなぁ」と思われることを未然に防ぐことができるのです。

街中で見かけたおしゃれな人も、玄関を出る前に何度も着替えてきたのかもしれません。ファッションセンスは大事ですが、それよりも大事なのは冷静に自分の格好の良し悪しを判断する力だと思うのです。

「おしゃれな人」は褒め言葉ではない

最近気づいたことがあります。それは、女の人が友達のことを「おしゃれな子」と言う場合、それはおしゃれな子ではなく「おしゃれが好きな子」ではないか?ということです。

ここで言う「おしゃれな子」とは、大抵の場合、おしゃれな格好をしている子ではなく、たくさん服を持っていて、いつも違う服を着ている子であることがほとんどです。

いつも違う服を着ているというのは、裏を返せば、一番似合う服が自分でもわかっていないということ。ファッションの方向性が定まっていないから、いつも(ジャンルもばらばらな)違う服を着ることになり、その結果「きっとこの子は服が好きなんだろう」という印象だけが残るのです。

本当におしゃれな人は、常に自分に似合う服だけを着ています。しかもそれが本人と調和しているから、服自体の印象はたいして残らない。周囲の目は服ではなくその人自体に向けられるからです。着ていた服の印象が強く残っている時点で、その服は周囲に違和感を与えている可能性があるのです。

服を見せることを目的とせず、あくまで他人に好印象を与えるツールとしてファッションを考えるのであれば、「おしゃれな人」と称されることはあまり嬉しいことではないのかもしれません。

自分に似合う服を知ることの重要性

真に自分に似合う服がわからず、ただやみくもに流行を追いかけたり、その時々の興味の趣くままに服を選んでいると、前述の「おしゃれ(が好き)な子」のようにファッションの方向性が定まらず、毎日バラバラな服を着ることになってしまいます。

それの何が問題かというと、第一に、日によっては全然似合わない格好をする日があるということ、第二に、洋服代が余計にかかってしまうことです。

自分をより良く魅せるために服を選ぶのであれば、まずは自分には何が似合うのか、何が似合わないのかを知ることが大切です。
似合う似合わないは様々な要素に左右されますが、特に顔立ちと体型、あとは持って生まれた雰囲気が重要になります。自分の長所も短所も知ることで、自分に似合う服もわかってきます。自分でわからなければ、何が似合うか周りの人に聞いてみましょう。

似合う服を着てこそのおしゃれだと言うことを肝に命じておきたいものです。

まとめ

僕が考えるおしゃれな人と思われるために必要な要素をまとめてみます。

1つ目は、ファッション(コーディネート)における最低限のルールを理解することです。美的感覚に優れ、本能的にそれを実践できる人もいますが、そうでない人でもネットや本で勉強すれば誰でも実践することができます。

2つ目は、自分を客観視することです。たとえルール通りのコーディネートをしたとしても、それだけでおしゃれに見えるわけではありません。ファッションは服と服との組み合わせだけでなく、着る本人との関係性があって初めて成立するものだからです。だからこそ、頭の中では完璧な格好でも実際に着てみるとどこかおかしい、なんてことが起こるのです。外出前は必ず鏡の前に立ち、少しでも違和感を感じたらその直感に従いましょう。

3つ目は、自分に似合うものを知ることです。好きか嫌いかはもちろん大切ですが、それと同じくらい似合うか似合わないかも大切です。おしゃれに見える服は、「好き」かつ「似合う」服です。好きじゃない似合うだけの服はつまらないし、ただ好きな服を着ているだけでは自分をよく魅せることはできません。

最後に、今回のテーマであるおしゃれに見える人とそうでない人の違いですが、一言で言えば「客観的な視点の有無」それに尽きると思います。主観的な好き嫌いだけではなく、客観的に自身の身体的特徴と服を見ることができる人は、自分に最も似合う服を着ることができるため、結果として他人から見てもおしゃれに見えるのだと思います。

スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)

フォローする



スポンサーリンク
広告(パソコン用)