【BMWのある生活】フロントガラス用の凍結防止カバーを買ったら冬の朝が快適になった

こんにちは。

いよいよ冬本番と感じる気温になり、朝起きるのが辛い季節となってきました。

僕が住んでいる地域では特に朝の冷え込みが厳しく、毎シーズンフロントガラスの凍結に悩まされます。

平日の朝はただでさえ時間がありません。僕以外にも冬場の車の凍結に悩まされている人は多いのではないでしょうか。

そこで今日は、先日僕が買って大正解だった、フロントガラスに使用する凍結防止カバーを紹介したいと思います。



BMW3シリーズにぴったりなフロントガラスカバー

QcoQceカーフロントカバー 車サンシェード 防水 雪対策 凍結防止カバー日よけ 遮光断熱 四季用 厚手 SUV車/軽自動車に適用 183*116cm (183*147*120)

フロントガラスカバーは数多くありますが、この商品はBMWの3シリーズにぴったりのサイズでした。

また、裏面が不織布素材のため、繰り返し使っても車を傷めなさそうなのもポイントです。

カバーの下部(ボンネット部分)にはマグネットが入っていて、しっかり固定してくれます。サイドミラーのカバーと、ドアに挟む耳もついているので、隙間なくフロントガラスを保護することができます

このような商品はいかに隙間を防ぐかが重要ですが、このフロントカバーなら、2分もあれば隙間なく装着することができました

フロントガラスカバーを使用するメリット

フロントガラスカバーを使用するまでは、凍結したフロントガラスを溶かしてからでないと出かけることができませんでした。

フロントガラスカバーを使用してからは、カバーを外してトランクに収納したら、エンジンをかけてすぐに発進できるようになりました。

また、気温が氷点下を下回るような日は、お湯や解氷スプレーで一旦溶かしても、走行中に再度凍結してくることもありとても危険です。カバーを使えばもともとフロントガラスが凍っていないので、再凍結の心配もありません

このように、毎晩2分程度カバー装着の手間をかけるだけで、冬の朝の煩わしさを解消し、安全に走行することができます

サイドガラス用のカバーでより安全に

年明け以降はさらに気温が下がり、サイドガラスも凍ってしまいます。

サイドガラスが凍るとサイドミラーが見えなくなるため、真冬はフロントガラスだけでなくサイドガラスの凍結防止も同時に行う必要があります。

サイドガラスの凍結に備え、サイドガラス用のカバーも既に準備しています。

この商品は運転席側用と助手席側用の2枚セットになっています。バンドで固定するタイプで装着も簡単です。

フロントガラス用のカバーと併せて買っても4千円もしませんでした。1シーズン分の解氷スプレーと同じくらいの金額で買えるので、とてもお得だと思います。

以上、買って大正解だった凍結防止カバーを紹介しました。

フロントガラスの凍結にお困りの方、BMWの3シリーズにぴったり合うカバーをお探しの方は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)

フォローする



スポンサーリンク
広告(パソコン用)