【バッグ】夏におすすめなLOVELESSのボタニカル柄クラッチバッグ

関東甲信越地方では梅雨明けが発表され、今年も夏がやってきました。

夏は軽装になるため、必然的に財布やスマホ等を収納するポケットも少なくなります。

そのためこれらのグッズを持ち運ぶために何らかのバッグが必要になるわけですが、どんなバッグを選ぶかが悩みどころです。

今日は先日僕が購入した夏にぴったりなクラッチバッグを紹介します。



LOVELESSのクラッチバッグ

LOVELESSは青山に本店を構えるセレクトショップです。

他のセレクトショップ同様、オリジナルアイテム(LOVELESS・GUILD PRIME)も販売しています。

名古屋にも店舗があるため、今回ご紹介するクラッチバッグも名古屋店で購入しました。

余談ですが、個人的にはLOVELESSのオリジナルアイテムはギラギラ感が強すぎてあまり好みではありません。ですのでLOVELESSの商品を購入するのはこれが初めてでした。

ボタニカル柄で夏らしさを強調

今回購入したクラッチバッグの特徴は、なんと言ってもボタニカル柄です。

ボタニカル柄は夏を象徴するアイテムで、それだけで夏らしい季節感を出すことができます。

Photo by ZOZOTOWN

女性の場合、スカートなどでボタニカル柄を手軽にコーディネートに取り入れられるのですが、男性の場合、ボタニカルなシャツやパンツは少々難易度が高いアイテムです。

そこで、小ぶりなクラッチバッグによってボタニカル柄を加えることで、違和感なくコーディネートに夏らしさを加えることができます。

コーディネートのアクセントになるのに合わせやすい

また、夏にシンプルなコーディネートをしようとすると、地味な印象になってしまうことがあります。

ボタニカルなバッグがあれば、コーディネートが一気に華やかになります。コーディネートのアクセントという意味でも、このようなカラフルなバッグは活躍します。

カラフルなバッグと言うと合わせるアイテムを選ぶような気がしますが、案外そんなことはなくどんなアイテムにも合わせることができます。

ビビッドなカラーという意味ではなく、多色という意味でのカラフルなアイテムはそれだけ合わせるアイテムの色の選択肢が多いと言えます。

Photo by ZOZOTOWN

僕が買ったクラッチバッグで言えば、薄ピンク、グリーン、レッドのほかネイビー、オレンジ、イエローなどの色も使われており、これらの色(または同系色)のアイテムとは特に相性抜群です。

このようなコーディネートのアクセントになるのに使いやすいアイテムというのは、コーディネートを作るうえでとても重宝します。

サコッシュとしても使える2WAY仕様

Photo by ZOZOTOWN

クラッチバッグの中では比較的小ぶりな部類に入るこのバッグですが、付属のベルトをつけることでサコッシュとしても使うことができます。

サコッシュだと両手が自由になるので買い物やレジャーなどのシーンで便利です。

また、サコッシュとして使用しなくても小さめサイズのバッグはよりスマートな印象になります。必要以上に大きなバッグを持つことはスマートではありません。

レザー素材じゃなければおしゃれなバッグも安価で手に入る

大人に似合うバッグの素材といえばレザーですが、夏にレザーは少し重たく暑苦しい印象です。

今回購入したクラッチバッグは表面が塩化ビニルで内側が綿素材の二層構造になっています。

夏らしい軽快さが出るのももちろんですが、税込み5,940円という価格の安さも魅力的でした。

レザーのような高級感はありませんが、綿素材のバッグは色や柄の種類が豊富というメリットがあります。

夏のクラッチバッグは、コーディネートのアクセント用に安価なものを数種類持っておくのもおすすめです。

まとめ:こんなコーディネートがしたい

僕の夏の定番コーディネートは、基本モノトーンです。色味があるアイテムもネイビーぐらいしか使わないので、コーディネートのアクセントが欲しいところでした。

そこで目をつけたのがこのクラッチバッグです。シンプルでまとまりはあるがどこか物足りない、そんな僕の夏のコーディネートの最後のピースが埋まりました。

今年の夏はシンプル+ボタニカルコーデで、夏のおしゃれを楽しもうと思います。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)

フォローする



スポンサーリンク
広告(パソコン用)