【BMW購入記】車探しを開始してわずか3週間、一目惚れしたBMW 320dを購入しました

Photo by clicccar.com

ゴールデンウィーク初日に愛車のジェッタが初のエンスト。その後、5月の中頃にディーラーで行った点検により、エンジン内部その他の故障が判明し、車の買い替えを決意。

近隣の中古車ディーラーを回り、本格的な車探しをスタートしたわけですが、わずか3週間で非常に魅力的な車両に出会い、先日契約に至りました。

受注生産の新車と違い、中古車は同じ条件の車両は2つとしてありません。ですので、気になる車両が見つかった場合、買う買わないを早急に決断しなければなりません。

この記事では、どこに魅力を感じて購入を決めたのか、その他の候補となった車両と比較しながら振り返っていきたいと思います。



購入に至らなかったその他の候補たち

最終的に購入した車両を紹介する前に、購入に至らなかった車両を紹介します。

僕の場合、グーネットで下調べをしたうえで、実際の車両を見に行く、という方法で車を探しました。

実物の方が写真で見るよりもカッコいい、ということもあれば、写真ではわからないキズがあってがっかりする、ということもありました。販売店が用意する写真では当然見せたくない部分をあえて見せることはしないため、コンディションにバラつきのある中古車の場合、実物を確認することは必須であると思いました。

320i ラグジュアリー ホワイト(2013年式)

  • モデル:320i ラグジュアリー
  • カラー:ホワイト
  • 年式:2013年式(5年落ち)
  • 走行距離:25,000km
  • 保証:6ヶ月
  • その他:ボディコーティング込み
  • 価格:約230万円(諸費用込み)
  • 販売店:ヤナセ

この車両は車探しを始めて最初に見に行った車両です。

ラグジュアリーグレードということで、特にインテリアが気に入りました。また、ヤナセの取扱車両ということで、信頼性というか安心感もありました。唯一のネックは保証期間の短さでしょうか。

また、現有車のジェッタを下取り査定してもらったところ、頑張っても10万円前後とのことでした。覚悟はしていましたが、実際に下取り価格を聞くとあまりの安さに凹みますね。

外装も内装もキレイで特に不満な箇所はありませんでしたが、まだまだ車探しをスタートしたばかりということで保留していたところ、1週間程度で売れてしまいました(グーネットの掲載がなくなった)。

もし購入していれば、下取り価格を引いて約220万円で購入できたということになります。

320d ノーマル レッド(2014年式)

  • モデル:320d ノーマルグレード
  • カラー:レッド
  • 年式:2014年式(4年落ち)
  • 走行距離:25,000km
  • 保証:12ヶ月
  • その他:ボディコーティング込み
  • 価格:約225万円(諸費用込み)
  • 販売店:BMW認定中古車

こちらの車両は年式の新しさが魅力でした。また、ディーゼルエンジンということでエンジン音が心配でしたが、実際にアクセルを踏んでみたところ、ドアを閉めていれば振動もカラカラ音もほとんど気になりませんでした。

ボディカラーは珍しい赤色(BMWではメルボルンレッドという)でしたが、女っぽいとか派手過ぎるといった印象はなく、素直にカッコいいと思えるボディカラーでした。

他にもBMWの認定中古車であるという付加価値もありましたが、ノーマルグレードということで内装のチープさが気になったのと、同じく内装の小キズが気になったため、購入は至りませんでした。

もし購入していれば、仮に下取り価格が10万円だとすると、215万円で買えていた事になります。

この車両のおかげで、ディーゼルエンジン、赤のボディカラーという選択肢が増えました。これが後の愛車決定に大きな影響を及ぼすことになります。

320i スポーツ ホワイト(2015年式)

  • モデル:320i スポーツ
  • カラー:ホワイト
  • 年式:2015年式(3年落ち)
  • 走行距離:25,000km
  • 保証:12ヶ月
  • その他:ボディコーティング込み
  • 価格:約270万円(諸費用込み)
  • 販売店:オートプラネット

この車両はグーネットに掲載されていた本体価格の安さに惹かれて実車を見に行きました。

なんと3年落ちで約230万。ひょっとしたら諸費用込みでも250万円におさまるのでは?と期待していたのですが、見積もりを見てびっくり、まさかの270万円オーバーでした。

中古車専門店の場合、本体価格を安く、諸費用やオプションを高く設定することがあるようで、こちらのお店もそのような方式をとっていたのかもしれません(別にそれを批判しているわけではありませんので悪しからず)。

下取り価格を引いても完全に予算オーバーだったのと、側面に大きなキズがあったことにより、購入には至りませんでした。

一応お店のフォローをしておくと、ボディのキズに関してこちらが気づいていないものについても全て正直に教えてくれました。その点についてはとても誠実で素晴らしい対応をしていただいたと思っています。

320i ラグジュアリー ホワイト(2015年式)

  • モデル:320i ラグジュアリー
  • カラー:ホワイト
  • 年式:2015年式(3年落ち)
  • 走行距離:48,000km
  • 保証:24ヶ月
  • その他:ボディコーティングなし
  • 価格:約250万円(諸費用込み)
  • 販売店:オートステージ

こちらの車両は3年落ちでかなり新しいのですが、走行距離の長さがネックでした。

そのため有償の2年保証をつける想定で見積もりを出してもらった結果、約250万円という金額になりました。

この車両の一番のネックは、車両は別店舗にあり、取り寄せて実車を確認することもできるが、取り寄せて購入に至らなかった場合、輸送費用を負担しなければならない、ということでした。

年式の新しさやボディカラー、グレードは魅力的でしたが、確実に買うという自信はなかったため、とりあえず保留としました。

また、この約250万円の見積もり以外に、オプション盛り盛りの300万円オーバーの見積もりを提示されたことにも少し不信感を感じ、契約や取り寄せに至りませんでした。

この辺りの中古車専門店とのやりとりやそれに関する私見については、また別の記事で触れたいと思います。

また、全国展開している中古車ディーラーでは、遠く離れた店舗の在庫車であっても自宅近くの店舗に取り寄せて実車を確認できる、ということを知りました。

これにより、車探しの選択肢が大きく広がりました。

自分の直感を信じ取り寄せを決断、そして契約へ

Photo by telnet.nrw

BMWの実車を見たことで、すっかり買う気満々になっていた僕ですが、一方で購入にはあと一歩踏み切れない状態でした。

どの車両も良いところもあれば悪いところもあり、ひょっとしたら契約後もっと魅力的な車両が出てくるかもしれない、そんな思いが頭をめぐり、最後の決断ができずにいました。

まあゆっくり探せばいいか、そう思い始めた矢先、何気なく見ていたグーネットでとびっきり魅力的な車両を見つけました。

その後、話はトントン拍子で進み、車探しからわずか3週間で契約することになりました。

今回僕が購入した車両がこちらです。

320d スポーツ レッド(2015年式)

  • モデル:320d スポーツ
  • カラー:レッド
  • 年式:2015年式(3年落ち)
  • 走行距離:21,000km
  • 保証:12ヶ月
  • その他:ボディコーティング込み
  • 価格:約245万円(諸費用込み)
  • 販売店:オートステージ

こちらの車両は、上でも書いたオートステージの埼玉店の在庫車でした。

実物を見に行けるような距離ではないため普通ならスルーするところでしたが、取り寄せが可能であることを学習していたため、思い切って取り寄せてもらうことにしました。自分自身その思い切った決断に驚きますが、それだけビビッとくるものがあったのだと思います。

そして一週間後に実車を確認、即日契約となりました。

購入費用を抑えるため、有料保証には加入しないつもりでしたが、かなり強引とも言える営業トークに押され、1年間のみ有料保証に加入することにしました(最悪、売ってもらえないという事態だけは避けたかったのと、販売店と友好な関係を築くことも必要と感じたため)。

現有車のジェッタを15万円で下取りしてもらうことになったため、最終的な支払額は230万円となりました。

▲写真はイメージです(Photo by carlist.my)

この車両を選んだ理由

数ある中古のBMW3シリーズの中からこの車両を選んだ理由、一言で言えば直感です。

他の車両の場合、ここがこうだったらなぁ、とか、もっと他に良いのがあるかも、などと言った思いがよぎりますが、この車両は一目見たときから、これだ!!と思いました。

そしてその直感は大当たりでした。

まずは色が素晴らしい。写真で見た鮮やかさそのままに、実車も実に綺麗な赤色でした。

洗車キズを始めとする外装の細かいキズもほとんどなく、間近で見なければほぼ新車同様のコンディションでした。内装もとても綺麗で目立つキズはなし。

年式は2015年式(3年落ち)と新しく、走行距離もわずか21,000kmということで、長く安心して乗れそうなのも決め手となりました。

LCI(マイナーチェンジモデル)ではありませんでしたが、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロールがついており、その点でもお買い得感があります。

また、年式や走行距離、グレードが同じであれば、一般的にガソリン車よりもディーゼル車の方が高価になりますが、この車両の場合、ディーゼル車にもかかわらず予算の範囲内におさまりました。

更に嬉しい誤算だったのは、ドライブレコーダーも付属していたことです。もともとは自分で取り付ける予定であったため、これに関しては前オーナーに感謝です。

このように、良いところを挙げだしたらキリがないほど、僕にとっては素晴らしい車両でした。全く不満な箇所が見当たりません。

しかも、赤色というボディカラーが価格を押し下げる方向に作用したことも幸いしました。状態の割に安値で売られていたのは、赤というだけで敬遠されがちになり、黒や白の車両よりも安値で取引されるという中古車市場特有の事情が原因だと思われます。

同じモデルであってもボディカラーによって値段が大きく違ってくるのも中古車市場の特徴と言えます。

僕にとっては赤という特徴的なカラーこそが逆に魅力的でした。ただでさえかっこいい赤のBMWが相場よりも安く手に入る、一粒で二度美味しい車両がこの320dでした。

現在、入金や車庫証明など諸々の手続きが終わり、納車を待つのみとなりました。

次回は実際に納車された我が320dについて、エクステリアやインテリア、各種オプション装備など紹介したいと思います♪

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)

フォローする



スポンサーリンク
広告(パソコン用)