【大学生】大学生向けメンズファッションのおすすめアイテム~夏編~

以前の記事で、大学デビューに成功するために新入生が最低限揃えておきたいマストアイテムを紹介しました。

今回は、夏に買い足したいおすすめアイテムを紹介していきます。

前回紹介したアイテムと組み合わせることでコーディネートの幅が広がりますし、より季節感のある着こなしができるようになります。



初夏の買い足しアイテム

色物・柄物のシャツ(長袖)

Photo by ZOZOTOWN

梅雨~夏前の中途半端な季節には、カットソーの上にさらっと羽織れるシャツがあると便利です。

袖丈は長袖がおすすめです。

長袖なら着ないときは腰に巻くことができるうえ、半袖をそのまま着るよりも、長袖を腕まくりしたほうが大人っぽさやこなれ感を出すことができます。

白シャツだとコーディネートがシンプルになり過ぎる場合もありますが、色柄物のシャツは一枚で着てもサマになり、コーディネートのいいアクセントになります。

ただし他のアイテムと喧嘩しないよう、合わせる服には注意しましょう。コーディネートの中で、モノトーン以外の色は1色、柄の種類は1つのみに抑えるようにすれば統一感のあるコーデができます。

Photo by WEAR

半袖のカットソー

Photo by ZOZOTOWN

夏用のカットソーも、選ぶ際の注意点は長袖のものと変わりません。

シンプルなデザインのものを選び、サイズ感に注意すれば安価なものでもおしゃれに見せることが可能です。

ただし夏は服装がシンプルになるため、体型の欠点が目立ちやすくなります。

ですので、痩せ過ぎや太り気味など体型が気になる人は、オーバーサイズのものやビッグシルエットのものを選ぶと体型をカバーすることができます。

また、厚手のTシャツもトレンドですが、人によっては生地のゴワつきが気になると思いますので、ヘビーオンスのTシャツを買う際は、必ず手で触り心地を確認したうえで購入しましょう

Photo by WEAR

真夏の買い足しアイテム

真夏でも快適過ごせるパンツ

どんな服とも合わせやすい万能アイテムのスリムジーンズですが、重大な欠点があります。

それは夏は暑いということです。

もちろん暑さを我慢すれば真夏でも穿くことができますが、自分も周りも暑苦しい気分になってしまいます。

そこで夏には夏用のパンツを新たに購入することをおすすめします。

夏用のパンツとしておすすめなのは、ショートパンツ、もしくはコットンやサマーウール素材のリラックス感のあるパンツです。

ショートパンツ

Photo by ZOZOTOWN

ショートパンツの利点はとにかく涼しいことです。そして、最も夏らしいアイテムなので季節感も抜群です。

反面、素足を露出することになるため、穿く人を選びます。足が太い人、毛深い人は避けた方が無難です。

また、男が素足を露出することに嫌悪感を覚える人もいるので、太ももまで露出するようアイテムは避け、膝丈くらいのものを選ぶのがいいと思います。

ショートパンツを穿く際は、子供の夏休みっぽくならないよう小物使いやレイヤードなどで着こなしにアクセントをつけましょう。

Photo by WEAR

風通しのいいリラックス感のあるパンツ

Photo by ZOZOTOWN

ショートパンツと並んで真夏のパンツとしておすすめなのが、リネンやコットン、サマーウール素材の薄手のパンツです。

脚を露出することに抵抗がある人にはこちらのパンツがおすすめです。

夏用のパンツとそれ以外のパンツの最も異なる点は、生地の厚さと素材感です。

同じコットンやウール素材でも、夏用のものは薄く、風通しが良くなるように作られています。

ウールのものであれば、ラフになりがちな夏のコーディネートに大人っぽさも加えてくれるため特におすすめです。

サマーウールトロピカルウールなどと表記されているものが夏用のウールになります。

シルエットに関しては、当然細身のものの方が使いやすいですが、ワイドシルエットのものを選べばより夏らしいリラックス感を出せます。

Photo by WEAR

ワイドシルエットのものを選んだ場合、トップスには細身~ジャストサイズのものを合わせたほうが、全体のバランスが取りやすいです。

流行のシルエットとしてトップス、ボトムスともにワイドという着こなしもありますが、それは上級者向けのコーディネートといえます。

サンダル

真夏用のシューズとして、サンダルは一足は持っておきたいマストアイテムです。

同じ着こなしでも足元がサンダルになるだけで一気に夏らしさがアップします。季節感を出すということは、オシャレに見せるためのとても重要なポイントです。

サンダルのおすすめは、アウトドアサンダルレザーサンダルです。

アウトドアサンダル

Photo by ZOZOTOWN

アウトドアサンダルは、Tevachacoなどのものが有名ですが、なんと言っても歩きやすく快適なことが最大のポイントです。

踵~足首のところが固定されるため、歩行中に脱げそうになることがありません。また、重さも軽く、長時間の歩行にも向いているので、通学距離が長い人や、アクティブ派におすすめのサンダルであるといえます。

ただし、スポーティーな印象が強くなるので、コーディネートの際は子供っぽくならないよう色使いなどに注意しましょう。

Photo by ZOZOTOWN

レザーサンダル

Photo by ZOZOTOWN

一方、レザーサンダルはより大人っぽい印象です。アイテム自体に大人っぽさがあるため、着こなしの難易度はアウトドアサンダルよりは低いです。

素材がレザーなので、平均的な価格はアウトドアサンダルよりも高めです。

また、靴底にもレザーを使用しているものの場合場所によっては滑りやすくなるため、購入の際には裏面もチェックするようにしましょう。

最近のサンダルの流行は、アッパーの面積が広いシャワーサンダル型です。

レザーサンダルは合わせるアイテムを選ばないため、一足持っておくと便利です。

Photo by WEAR

ブレスレット

Photo by ZOZOTOWN

真夏はコーディネートがシンプルになるので、自分らしい個性を出すことが難しくなります。

そこで、手首にさり気なくブレスレットをつけることで、シンプル過ぎるコーディネートも華やかに見せることができます。

ただし、アクセサリー(特にシルバーアクセサリー)をじゃらじゃらとつけ過ぎると、それはそれでわざとらしく、オシャレには見えないので、あくまでさり気なくがポイントです。

トップスとパンツがモノトーンの場合、ブレスレットで色を加えることでコーディネートのオシャレ度がアップします。

また、バングルとブレスレットを重ね付けすることで、より上級者に見せることができます。ただしトゥーマッチにならないよう片方の手首につけるアクセサリーの数は、バングルは1つ、ブレスレットは2つ以内に抑えた方がいいです。

Photo by ZOZOTOWN

なお、wakamiのブレスレットのように3連、5連のセットになっているものは、3つでも5つでも重ね付けしてOKです。色も豊富なので、夏らしいカラーや自分に似合う色の物を買いましょう。

Photo by ZOZOTOWN

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「季節感」はオシャレの大事なポイントです。

定番アイテムにこれらのアイテムを加えて、夏らしいコーディネートを作りましょう。

次回の記事では秋冬のおすすめアイテムを紹介します。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)



スポンサーリンク
広告(パソコン用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*