まずはこれを揃えよう、簡単にオシャレに見せることができる万能アイテム~ボトムス&シューズ編~

Photo by Buro24/7

この記事では、オシャレを意識して服を買いたいと思う人が、最初に買うべきマストアイテムを紹介していきます。

ここで紹介するアイテムのみを組み合わせても十分オシャレなコーディネートができますし、自分の好みや流行に合わせたアイテムと組み合わせることで、様々な着こなしができるはずです。

今回はおすすめのボトムスとシューズを紹介します。



コーディネートの土台となるボトムスは、シルエットと色でキッチリ感を演出する

ボトムス(パンツ)はコーディネートの土台となる部分であり、ここで失敗すると他にどんなアイテムを組み合わせてもいまいちになる一方、ボトムスさえキマっていれば、後は合わせるアイテムによってテイストの異なる様々なオシャレを楽しむことができます。

また、ボトムスはその時々の流行が出やすいアイテムでもあります。数年前は極端に細いパンツ(スキニーパンツ)が流行っていましたが、最近ではむしろワイドパンツの方が流行の中心にあります。

このように、パンツは流行のデザインがはっきりしているため、流行ド真ん中のアイテムは、その流行が終わると途端に古臭く見えてしまいます。

以上を踏まえたうえで、僕がおすすめしたいのが以下のアイテムです。

黒のスリムパンツ(≠スキニーパンツ)

まず大前提として、スリムパンツとワイドパンツを比較した場合、圧倒的に使いやすいのはスリムパンツです。

その理由は、ファッションはオシャレに見える基本的がシルエットが決まっていて(別記事参照)、ボトムスが細身であれば、トップスにどんなアイテムを合わせても、この基本シルエットに沿ったコーディネートを作ることができるからです。

ワイドパンツを穿きこなせれば、よりレベルの高いコーディネートを作ることができますが、これはファッションを熟知した上級者向けです。

また、「黒」と「スリム」はどちらも大人っぽさやフォーマル感に繋がる要素です。ボトムスにこのような要素を持つアイテムを持ってくることで、コーディネート全体も引き締まって見えるのです。

これまであまりオシャレに興味がなかった人達の多くは、履き心地がよくカジュアルな印象のパンツを選んできたと思います。それを黒で細身のものに変えるだけで、ぐっと大人っぽい印象を与えることができます。

Photo by ZOZOTOWN

なお、細身のパンツが良いとは言っても、極端に細いスキニーパンツは避けた方が無難です。スキニーパンツは一昔前に爆発的に流行したため、今穿くと時代遅れ感が否めません。

また、学生さんなど若い人ならまだしも、ある程度の年齢を過ぎると、極端に細身のパンツは必死感が出てしまいます。

ですので、あくまでおすすめは適度に細身のパンツなのです。

黒のテーパードパンツ

足が太いなどの理由からスリムパンツに抵抗がある方には、テーパードパンツがおすすめです。

Photo by ZOZOTOWN

テーパードパンツの特徴は、太もも周りはゆとりがあるのに対し、足首周りがギュッと細くなっている点です。このシルエットのおかげで、見た目のスタイリッシュさを保ちながらも、足が太い人でもストレスなく穿くことができるのです。

厳密に言えば、細身のテーパードパンツもスリムパンツの一種ですが、ここではあえて区別しています。

ストレートのスリムパンツや、一目でテーパードシルエットとわからないようなパンツがよりベーシックで普遍的なアイテムであるのに対し、はっきりしたテーパードシルエットのパンツはより今風です。

スリムパンツもテーパードパンツも、両者とも使いやすいアイテムですので、好みで選んでOKです。

こちらも色は足が引き締まって見える黒がおすすめです。

シューズは着回し力で選ぶ

シューズを選ぶ際、スニーカーにするかそれとも革靴にするか、は迷うところです。

そして、僕の個人的な考えとしては、最初はスニーカーを買うべきだと思います。

その理由は以下の2点です。

  • スニーカーよりも革靴の方がオシャレしている感が強い
  • スニーカーよりも革靴の方が値段が高い

オシャレに見せるためには、オシャレしようとしていることを見破られてはいけません。「何気なく選んだアイテムがたまたまカッコよくなっちゃった」という感じが理想です。

その点において、スニーカーと比べて革靴はオシャレをしようとしている感がより強く出ます。特に暑い季節に革靴を穿いていると、オシャレをするために無理して革靴を履いているんじゃないか、と勘ぐられてしまう恐れがあります。

それに対してスニーカーはより軽快で肩に力が入っていない印象です。

また、スニーカーよりも革靴の方が平均的に高価です。2万円も出せばオシャレで質の良いスニーカーが手に入るのに対し、良質な革靴は軽く倍以上はしてしまいます。

これからオシャレをしようとする人の場合、限られた予算の大部分をシューズに投資することも難しいでしょうから、まずはスニーカーを一足買うことをおすすめします。

黒のスニーカー(ソールは白)

最初に買うべき一足として僕がおすすめしたいのは、アッパー(足を覆う部分)が黒でソール(靴の土台部分)が白のスニーカーです。

Photo by ZOZOTOWN

スニーカーは季節を問わず履くことを前提に、どんなアイテムにも合わせやすいものを選びたいです。

その点、黒のスニーカーであれば何色の服にも合わせることができます。

しかし、ソールも黒色のスニーカーを選んでしまうと、足元が重たい印象になり、軽快さを出したい夏には履きづらいなどの問題があります。

また、真っ白のスニーカーも様々な色に合わせることが可能ですが、ダークトーンの服に合わせた場合足元だけが浮いてしまったり、汚れが目立ちやすいなどの問題があります。

これらの点を考えてみても、黒✕白のスニーカーはバランスがよく、より万能で使いやすいアイテムであると言えます。

素材に関しては、キャンバス地のものは安価で使いやすいですが、一段上のオシャレを目指すためにも、より大人っぽく見せることができるレザーのものがおすすめです。

まとめ

以上、最初に買うべきボトムスとシューズを紹介してきました。

ボトムスはトップスよりも印象に残りづらいため、つい適当に選んでしまいがちですが、実はコーディネート全体に与える影響が大きいので、ここを変えるだけでコーディネートは見違えるはずです。

また、数あるアイテムの中で最も着用頻度が高いのがシューズです。着回し力のあるシューズを一足持っていれば、トップス、ボトムス選びで悩むことがなくなります。

この記事を参考にして、まずはオシャレの土台作りをしてみてください。

次回はおすすめのアウターとトップスを紹介したいと思います。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
スポンサーリンク
広告(パソコン用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*