なぜセレクトショップオリジナルの服はオシャレに見えないのか

服を買うとき、ビームスやユナイテッドアローズ等いわゆるセレクトショップで買うという人は多いと思います。

セレクトショップにはセレクトアイテムの他にショップのオリジナル商品も販売されており(しかもオリジナル商品の売り場面積の方が広かったりする)、これらの商品は一部ネット上ではセレオリと呼ばれあまり評判がよくありません。

今日は、セレクトショップのオリジナル商品(セレオリ)がなぜオシャレじゃないと言われるのか、セレオリアイテムはどのように使うのがいいのか、について考えていきたいと思います。

Photo by ZOZOTOWN



セレクトショップの服の特徴

まず初めに、セレオリの特徴について説明します。

セレオリのアイテムは、そのほとんどがシンプルかつベーシックなデザインです。また、適度に流行を取り入れていますが、サイズ感やシルエットを日本人の体型に合わせることで、より多くの人が着やすいようにしています。

各セレクトショップごとに若干のディテールの違いがあるものの、どのショップでも大体同じようなアイテムが揃っていて、ブランドタグがなければどのショップのものかわからないものも多いです。

ベーシックでシンプルであることは、裏を返せば没個性的ということです。

そんなセレオリのアイテムで固めたコーディネートは、無難で清潔感はあるため、案外女性ウケは上々だったりします。しかし、オシャレをする、という観点で見た場合、特に印象に残らない、つまらないコーディネートであると言えます。

また、セレオリにもデザイン的に攻めた、一見オシャレに見えるアイテムも存在します。しかし、これらのアイテムのほとんどは地雷です。

ボタンの色がやたらとカラフルであったり、不要な刺繍やプリントが入っていたりして、それがかえって子供っぽい印象を与えてしまいます。

Photo by ZOZOTOWN

デザイナーズブランドの場合、緻密な計算の元であえてこのような装飾を加えることはありますが、セレオリにはそのようなこだわりが感じられません。

これらのアイテムはそれだけでオシャレ度をグッと下げてしまうので、絶対に買わないようにしましょう。

シンプルかつベーシックこそ、セレオリの真骨頂であり本質なのです。

Photo by ZOZOTOWN

デザイナーズブランドの特徴

一方、デザイナーズブランドの服はどんな特徴があるのでしょうか。

ここでいうデザイナーズブランドとは、海外の高級メゾン、いわゆるインポートブランドのほか、国内発のドメスティックブランドも含みます。

デザイナーズブランドのアイテムには、ブランドごとの個性と主張があり、ブランドが考える理想像に合うようにデザインされています。

セレオリのように誰でもそれなりに着こなせる万人向けの服ではない一方、着る人をその理想像に近づけてくれるため、着る人をポテンシャル以上にカッコよく見せられるのがデザイナーズブランドの服なのです。

Photo by FASHION PRESS

しかし、デザイナーズブランドの服も良いことばかりではありません。

まず、ブランドごとにターゲットがはっきりしているため、それにはまらないと全くオシャレに見えません。似合う似合わないがはっきりしているのもデザイナーズブランドの特徴と言えます。

そして、全体的に価格が高いです。全身これらのブランドのアイテムで揃えようと思うと、10万円20万円が簡単に飛んでいってしまいます。

また、デザインに個性と主張があるということは、異なるブランドのアイテムを組み合わせた場合、ごちゃごちゃした印象になってしまう恐れがあるということです。

このように、ただ闇雲にデザイナーズブランドの服を買い集めても、お金ばかりがかかる割に、必ずしもオシャレになれるとは限らないのです。

セレオリ服の正しい使い方

以上のセレクトショップ、デザイナーズブランドの服の特徴を踏まえたうえで、僕が考えるセレオリ服の正しい活用方法をお教えします。

1.オシャレの第一歩、ユニクロからのステップアップ

ベーシックなデザインの服が安価で手に入るという特徴を活かし、これまでオシャレにあまり興味がなかった人が最初に買い揃える服として、セレオリはおすすめです。

ベーシックかつ安価という点ではユニクロも同様ですが、ユニクロのほうがより幅広い年齢層をターゲットとしているため、服のシルエットは正直いまいちです。一方、セレオリはそれなりにオシャレに関心のある人々を対象としているため、より見た目重視のシルエット、デザインになっています。

まずは手持ちの服をセレクトショップのものに買い換えるだけでも、オシャレ度は一気に上がるはずです。

また、自身の服の嗜好が定まらないうちは、まずはセレオリでベーシックなアイテムを買い揃えることで、その後どういう系統のファッションをするにしても、買った服を無駄にせず有効活用できます。

Photo by ZOZOTOWN

2.デザイナーズブランドやファストファッションと組み合わせる

ベーシックなデザインが特徴のセレオリに対し、デザイナーズブランドやファストファッションのアイテムはより尖ったデザインです。一方でデザイナーズブランドは価格が高く、ファストファッションは品質が劣るという欠点があります。

これらの服とセレオリをバランス良く組み合わせることで、より効率的にオシャレなコーディネートを作ることができます。

僕が個人的に考えるオシャレとは、全体に統一感がありつつも、そこにその人自身のこだわりや適度な流行を取り入れたコーディネートです。

そこで活躍するのがセレオリのアイテムなのです。

コーディネートの主役以外のアイテムにあえてシンプルなセレオリを持ってくることで、より主役が引き立ちます。デザイナーズブランドにもベーシックなアイテムはありますが、引き立て役となるアイテムまでこのようなブランドの服を買うというのは、金銭的にも中々難しいです。

また、流行を重視して全身ファストファッションで揃えてしまうと、全体的にチープな印象になってしまいます。そこにベーシックかつそこそこの品質であるセレオリを組み合わせることで、流行を取り入れつつ安っぽくないキッチリした感じも出すことができます。

このように、コーディネートのバランサーとしてもセレオリのアイテムは優秀なのです。

まとめ

以上のことからわかるように、セレオリのアイテムが全てオシャレじゃない(オシャレに見えない)、というわけではありません。

数あるセレオリの中から地雷アイテムを選んだり、安くて着やすいからと安易に全身セレオリでコーディネートしてしまうことが、その人のオシャレ度を下げてしまっているのです。

セレクトショップ、デザイナーズブランド、ファストファッションと、それぞれの服にメリット・デメリットがあります。それぞれの特徴をよく理解し適切に組み合わせることで、自身のオシャレ度を上げることができると思います。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)

フォローする



スポンサーリンク
広告(パソコン用)