メンズファッションにおける黒色アイテムの重要性と着こなし方

Photo by i-D

服を選ぶ際、デザインと同等かそれ以上に大切なのが、色選びです。

なぜなら、アイテム同士の相性(例えばトップスとパンツの相性)は、デザインよりもむしろ色によるところが大きいからです。

そして、オシャレを意識して服を買い始めると、赤にするか青にするか、何色の服を買うかが悩みどころとなります。

そこでおすすめしたい色こそ、タイトルにもある「黒」なのです。

この記事では、なぜ黒がおすすめなのか、その理由と黒のアイテムの上手な使い方について解説していきます。



黒をオススメする4つの理由

1.引き締まって見える

黒は収縮色であり、着ている部分が引き締まって見えます。

黒のトップスは上半身が痩せて見えますし、黒のパンツを穿けば足が細く長く見えます。

これは車の色を想像してもらえばわかると思います。同じ車種でも黒と白では、黒の車のほうが小さく見えます。

体型が気になる人とって、着痩せカラーである黒は心強い味方なのです。

2.きちんとして見える

礼服やタキシードが黒色であることからもわかる通り、黒は最もフォーマルなカラーです。

そして、メンズファッションの基本はフォーマル(ドレス、キレイめ)です。

黒のアイテムはフォーマルな雰囲気を出せるため、黒のアイテムを中心に揃えていけば、オシャレなコーディネートが作りやすくなります。

Photo by FASHION PRESS

3.手に入りやすい

統一感のあるコーディネートをするためには、全身の色数を3色以内に抑えることが基本となります。色数が多過ぎるとチグハグな印象になりやすいからです。

そして、同じ色で一通りのアイテムを揃えておくと、それだけでワントーンコーデが完成するため、統一感のあるコーデが作りやすくなります。

黒のいいところは、どんなアイテムでもカラーバリエーションの中に大抵黒が用意されているところです。ニットでもスニーカーでもジーンズでも、黒ならアイテム探しに困ることはありません。

一方、色によっては揃えづらいものもあります。例えば、ボルドーのパンツやベージュの靴が欲しいと思っても、選択肢はかなり限られてしまいます。

黒のアイテムを一通り揃えておけば、ワントーンコーデはもちろん、後は他の色のアイテムを追加していくことで、2色コーデ、3色コーデと、コーディネートのバリエーションを増やしていくことができます。

4.どんな色にも合わせやすい

黒は無彩色のため、合わない色がありません。これは白もグレーも同様です。

つまり、黒色のアイテムを中心にコーディネートを作れば、その日の気分や出したい雰囲気によって、合わせるアイテムを自由に選ぶことができるのです。

反対に、赤や青などの有彩色の場合、どうしても合う色合わない色があります。やみくもにカラフルな服を集めてしまうと、いざコーディネートしようとしたときに全然合わない!!なんて悲劇が起こることもあります。

無駄なくコーディネートのバリエーションを増やすため、まずは黒のアイテムを軸にして、それに合わせるアイテムを増やしていくことをオススメします。

Photo by alexanderwang

Photo by alexanderwang

黒を着ているとオシャレに見えないという誤解

巷でよく聞く意見として、「黒はオタク御用達の色でオシャレに見えない」という主張があります。

しかし、オタクと呼ばれる人達(オシャレに無関心な人達)が好んで着ていることと、黒がオシャレか否かは全くの別問題です。

そもそも色自体に、オシャレな色もオシャレじゃない色もないと思います(着こなしが難しい色、使いづらい色はありますが)。

また、オタクと呼ばれる人達の定番である「全身真っ黒コーデ」も、それ自体がオシャレじゃないというわけではありません。

それがオシャレに見えないのは、アイテム選びやサイズ感、細かい着こなしのディテールに問題があるからであり、そのようなコーディネートでは色や色数に関係なく、オシャレに見えないものです。

既に書いたとおり、黒はメンズファッションにおいて非常に使いやすい色ですし、黒一色のコーディネートも着こなし次第では、むしろ統一感のあるオシャレなコーディネートになります。

Photo by stylehaus

全身黒コーデをオシャレに見せるポイント

全身黒コーデは、フォーマル要素、色の統一感、とむしろオシャレの王道なのですが、意外と敬遠されがちなのも事実です。

その理由は、オタクと呼ばれる人達が好んでしているというネガティブイメージのほか、キメ過ぎ感がある、重たい(暑苦しい)印象になる、ということが挙げられます。

しかし、これらのマイナス要素は、ちょっとした工夫で簡単に解消することができます。

それがズバリ「抜け感」を作るということです。

最も簡単な方法は、足首や手首を露出させることです。それだけで一気にコーデが軽くなり、キメ過ぎ感(頑張り過ぎている感じ)が解消され、逆にこなれ感が出ます。

Photo by WEAR

また、靴をソールが白いスニーカーに変えると、スポーティーで軽快な印象を加えることができます。

Photo by WEAR

どちらも、黒が持つフォーマルでカチッとした印象を、あえて崩したり別の要素を加えることで、中和しているのがミソです。

ちょっとした工夫で、敬遠されがちな黒一色のコーディネートを、全身の統一感はそのままに、街なかにも違和感なく馴染むスタイルに変えることができるのです。

黒のアイテムを軸にコーディネートを組み立てる

繰り返しになりますが、黒の最大の魅力は、コーディネートのしやすさです。その理由は、他のどの色とも相性が良いうえ、黒のアイテムは手に入りやすいからです。

これからオシャレを始めようとする人、着回しを考えて服を選びたいという人は、まずは全てのアイテムで黒色のものを一通り揃えましょう。

そして、季節や場面に応じて、他の色のアイテムを加えていくと、無駄な服を買うことなく、コーディネートのバリエーションを増やすことができます。

1.夏や爽やかさが欲しいときはトップスを白に

トップスを白の半袖Tシャツに変えるだけで、夏のコーデができあがります。ボトムスが黒なので、全体の印象がカジュアルになり過ぎません。

Photo by ZOZOTOWN

こちらのコーディネートはインナーのみ白のカットソーにしています。春など季節の変わり目には、白のインナーで適度な軽さ、爽やかさを演出するのがオススメです。

Photo by ZOZOTOWN

2.ブラウンやカーキのトップスで秋感を出す

秋の定番カラーであるブラウン系やカーキ系のニットを着ることで、秋らしい雰囲気を出すことができます。ボトムスよりもトップスの方が印象に残りやすいので、季節感を出すにはトップスをその季節に適したカラー、素材のアイテムに変えてやるのがオススメです。

Photo by ZOZOTOWN

3.差し色で印象を華やかに

冬はコートを着る機会が増えますが、黒でウール素材のコートは、どうしても印象が地味で重たくなりがちです。そんなときは、思い切って派手めなカラーの小物(マフラーやストール)をプラスすると、一気に華やかな印象になります。

また、全身が地味であればあるほど、差し色アイテムの存在が引き立つため、黒の服(コーデ)と派手な小物は相性が良いです。派手なカラーに抵抗がある人は、まずは小物で愉しんではいかがでしょうか。

Photo by ZOZOTOWN

まとめ

いかがでしたでしょうか。

僕自身も、ニット帽からパンツ、手袋に至るまで、一通りのアイテムで黒のものを持っています。そうすることで、普段使わないような色(流行色や季節の色)のアイテムが欲しくなったときも、違和感なくコーディネートに取り入れることができます。

黒は使いやすく、汎用性の高い色です。ぜひ積極的に、黒のアイテムを自身のワードローブに取り入れましょう。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
スポンサーリンク
広告(パソコン用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*