メンズファッションの必須テクニック「抜け感」と「外し」について

Photo by the-no-names.com/

今日はほとんどの人が一度は耳にしたことがあるであろう、「抜け感」「外(はず)し」についての解説です。

これらはどちらも着こなしのテクニックであり、上手く使えばコーディネートをよりオシャレに見せることができます。



「抜け感」と「外し」とは

抜け感

抜け感とは、手首や足首など体の一部分をあえて露出するテクニックです。

具体的には、手首を露出するために袖をまくったり、アンクル丈のパンツやクロップドパンツを穿いて足首を露出することを言います。また、露出部分が多くなるVネックも、タートルネックなどに比べてより抜け感があることになります。

このように、フォーマルなきちんとした格好では通常隠す部分をあえて見せるというのが「抜け感」です。

外し

続いて、外しとは、きちんとした格好の一部をあえて着崩したり、普通はそのコーディネートに合わせないようなアイテム(外しアイテム)を取り入れることで、完璧なスタイルをあえて崩すテクニックです。

具体例としては、シャツのボタンを外してみたり、袖や裾をまくったりして少しラフに見せるのが着崩しです。また、フォーマルアイテムのテーラージャケットにポップなTシャツを合わせたり、スラックスの足元にあえてスポーティーなスニーカーを合わせるのが典型的な外しの例です。

なぜ「抜け感」と「外し」が重要なのか

「抜け感」も「外し」も完璧に見せない、完璧からあえて崩すという点で共通しています。

メンズファッションにおいてこの二点はとても重要な要素です。

街着としてのメンズファッションで、完璧に計算され一片の隙もないスタイルはどこか近寄りがたく、景色に馴染まず違和感があります。

そのような格好は、ファッションショーのランウェイやパーティーやオフィスなどで最も輝く一方、街なかでは悪い意味で浮いてしまいます。

しかし、そのような完璧なスタイル(ドレッシー、フォーマル)はメンズファッションの基本であり、これをいかに街着スタイルに落とし込むかがオシャレになるためには重要なのです。

「抜け感」や「外し」とは、完璧なスタイルをあえて崩すことで、街なかに馴染ませるためのテクニックです。

つまり、これらのテクニックを身につけることで、街なかでも違和感のない大人っぽいオシャレをすることができるようになり、オシャレ度をよりアップさせることができるのです。

「抜け感」と「外し」のテクニック

ここでは抜け感と外しの具体例から、実践するための注意点などを解説していきます。

首元と足首を露出してモノトーンに軽快さをプラス

photo by fashionsnap.com

こちらのコーディネートは、首元と足首を露出することで抜け感を出しています。

ベースは黒と白のモノトーンコーデです。モノトーンは全体に統一感がありクールで失敗のないコーディネートですが、一方で近寄りがたい雰囲気になりがちというデメリットもあります。

しかし、このコーディネートの場合、首元が緩めのトップスとクロップドパンツにより、コーディネートにいい意味での隙と軽快さが生まれています。トップスのカーディガンの袖丈が若干短めなのも、軽快さを生む抜け感ポイントです。

上下ともに黒のアイテムを合わせる場合、抜け感を作ることでコーディネートを重く見せないようにすることが重要になってきます。

冬の抜け感は靴下見せで

photo by fashionsnap.com

冬はどうしても着こなしが重たくなりがちです。

そんなときはパンツの丈を短くし、靴下を見せることで、抜け感を出すことができます。

生身の足首の露出と違う点は、靴下には色があるということです。

ここで必要以上に派手で目立つ靴下を選んでしまうと、靴下がコーディネートの主役になり、パンツの短さも相まってコミカルで子供っぽい印象になってしまいます。

抜け感を目的として靴下を見せる場合、色はその他のアイテムと合わせ、靴下をコーディネートに馴染ませるのが正解です。

また、紹介したコーディネートでは、パンツの裾をまくりあげることで丈を短くしているのポイントです。ラフにまくることで、よりこなれた印象になります。

抜け感と着崩しで色気を演出

Photo by IMPRESSION

こちらのコーディネートはラフな腕まくりと開けた胸元で抜け感を出しています。もちろん足首見せも抜け感ポイントです。

このコーデのようにラフに肌を露出すると、大人の色気を演出することができます。

やり過ぎは禁物ですが、適度な肌見せは大人の色気に繋がります。また、ラフな着崩しも大人の余裕をアピールできるため、合わせて使うと効果的なテクニックになります。

このコーディネートがいやらしく見えないのは、全体のコーデは同系色で統一感があり、ある意味正統な着こなしだからです。そのような着こなしを、首(胸元)、手首、足首の露出で適度に崩しているため、下品に見えずむしろ色気が感じられるのです。

シックなワントーンコーデをスニーカーで外す

photo by fashionsnap.com

このコーディネートでは、ネイビーのワントーンコーデを、白のスニーカーで外しています。

通常ネイビーのニットとスラックスを合わせた場合、ダークカラーの革靴を合わせるのが基本的かつ無難なコーディネートなのですが、それでは少し面白みに欠けます。

それは誰でも思いつくありきたりなコーディネートであり、そこにはつけ入る隙がないからです。

このコーデではあえて足元に白のスニーカーを合わせています。足元にだけ毛色の違うアイテムを持ってくることで、コーディネートに個性が生まれるのです。

足元をスニーカーにして外すのは、外しの中でも典型的かつ簡単なテクニックです。

その際の注意点は、あまりにスポーティー過ぎるスニーカーを選ぶと、スニーカーだけがコーディネートから浮いてしまうということです。特にオールホワイトのスニーカーは目立ちやすいアイテムのため、靴だけが浮いていないか、全身のバランスをチェックすることが大切です。

このコーディネートでスニーカーだけが浮いていないのは、形が細身でスポーティーすぎないこと、ソールがベージュで白の鮮やかさを緩和しているおかげだと思われます。

まとめ

「抜け感」と「外し」、いかがでしたでしょうか。

最後に注意点を一つだけ。抜け感も外しもやり過ぎは禁物です。あくまでコーディネートのアクセントとして、さり気なくやるのがポイントです。

やり過ぎた抜け感はだらしなさや子供っぽさに繋がります。外しのアイテムもまずは一つに留めましょう。二つ三つと増えてくると、そちらの方がコーディネートのベースになってしまい、主役と脇役が入れ替わってしまいます。

コツとしては、まずは完璧な(ちょっと過剰かな、と思うくらいドレッシー、フォーマルな)コーディネートを作り、そこから全体のバランスを見ながら崩していくのが、成功の秘訣だと思います。

皆さんも早速取り入れて、コーディネートのオシャレ度をアップしましょう。ともかくチャレンジあるのみです。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)



スポンサーリンク
広告(パソコン用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*