• このエントリーをはてなブックマークに追加

夏のメンズファッションをオシャレに見せるコツ(アイテム選び編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

前回の記事では、夏のファッションをオシャレに見せるためのカラーコーディネートについて解説しました。

今日は前回の内容を踏まえた上で、実際にどんなアイテムを選べば良いのか、夏のオススメアイテムを紹介していきます。

スポンサーリンク
広告(パソコン用)

夏のファッションのカラーコーディネート

本題に入る前に前回の復習です。

夏のファッションの難しさは、夏っぽいアイテムを組み合わせただけではコーディネート全体がカジュアルになりがちというところにあります。

夏であってもメンズファッションの基本は、大人っぽいスタイルをベースに、カジュアル要素を適度に加えることです。

そんなコーディネートを作るため、僕が提案するのが以下の二つの組み合わせです。

  1. トップス:ライトカラー、ボトムス:ダークカラー、シューズ:ブラック
  2. トップス:ダークカラー、ボトムス:ライトカラー、シューズ:ブラック

ダークカラーでコーディネートを引き締め、ライトカラーでカジュアル要素、季節感を加えます。足元はあえてコーディネートの主役にしたい場合以外は、黒のものの方が合わせやすいです。

上下ともにライトカラー、ダークカラーという組み合わせもありますが、少し着こなしの難易度が上がるため、手軽にオシャレに見せるためにはトップスとボトムスにある程度はっきりした明暗を出した方がベターです。

Photo by WEAR

復習も終わったところで、早速オススメのアイテムを紹介していきます。

オススメのトップス

無地のカットソー(Tシャツ)

極論を言ってしまえば、夏のトップスはカットソーがあれば十分です。

ライトカラーであれば白、ダークカラーであれば黒のカットソーをまずは買いましょう。

デザインは無地のものがオススメです。柄やプリントのあるカットソーは子供っぽくなりがちなため、その分トータルコーディネートの難易度が上がります(バランスを取るために、その他のアイテムで大人っぽさを補う必要があるため)。

なお、ワンポイントのロゴや胸ロゴ(ブランド名)程度であれば許容範囲です。その場合、ロゴと同じ色をその他のアイテムにも入れてやると、オシャレ度がアップします

カットソーのシルエットはジャストサイズのもの、またはややオーバーサイズのものがオススメです。

オーバーサイズのトップスの場合、ボトムスは細めにしたほうがバランスが良いです(いわゆるYラインシルエット)。一方ジャストサイズであれば、どのようなシルエットのパンツでも合わせることができます。

Photo by ZOZOTOWN

無地のシャツ

シャツはカットソーよりもより大人っぽく見えるため、大人の夏の着こなしには重宝するアイテムです。

こちらもまずは白または黒のものを買うのがベターです。白であれば黒のボトムスと、黒であればライトグレーなどライトカラーのボトムスとのコーディネートがオススメです。

襟や裾にデザインのあるシャツもありますが、それだけで一気に陳腐で子供っぽくなるため、そのようなシャツは絶対に選ばないようにしてください。

カットソーよりも価格帯の幅が広く、また価格によって品質の差が出やすいため、購入の際は必ず試着をしましょう。

トップスに白シャツを着る場合、白シャツはビジネススタイルを連想させますので、ボトムスにはシルエットや素材的に適度なユルさのあるアイテムを持ってきたほうが、夏らしい軽快さが出てオシャレに見えます。白シャツに細身のかっちりしたパンツを合わせると、夏の街着としては少し堅苦しい印象になってしまいます。

Photo by ZOZOTOWN

オススメのボトムス

テーパードパンツ

夏のボトムスとしてぜひオススメしたいのがテーパードパンツです。

テーパードとはワイドやスリムなどシルエットの一種で、腿周りから裾にかけて徐々に細くなるシルエットのことです。太腿はゆったりしているのに足首の周りは細くなっているため、リラックス感とキッチリ感を両方出せる万能シルエットです。

リラックス感のあるアイテムとしては、ワイドパンツもオススメなのですが、裾までワイドだと全体的にルーズな印象になってしまいます。また、スキニー~タイトなパンツはキッチリ感があるのですが、その分穿き心地が犠牲になります。

テーパードパンツの中にも、デニム、スウェット、スラックスなど色々種類がありますが、ここでオススメしたいのはテーパードスラックスです。

夏用のスラックスなので、ウール素材以外にもポリエステルやリネンなど夏でも快適に穿けるものがたくさんあります。

テーパードパンツは夏らしい軽快感と、メンズファッションに必要なキッチリ感を兼ね備えているため、とりあえずテーパードパンツを穿いておけば、それだけでカジュアル一辺倒のパンツを穿いている多くの人達と差をつけ、オシャレに見せることができます。

Photo by WEAR

オススメのシューズ

レザーサンダル

夏のシューズの定番のサンダルですが、より大人っぽくカッコよく見せるにはレザーサンダルがオススメです。

リゾートや海ならビーチサンダルも似合いますが、街なかで穿くには少々ラフ過ぎます。

また、最近流行りのスポーツサンダルも、元はアウトドア用に作られたものであり、街着用にデザインがアップデートされているとは言え、大人っぽいスタイリングには他のアイテムも含めて工夫する必要があります。

その点、レザーサンダルはオシャレをするためのアイテムです。レザーは大人を連想させる素材なので、素材をレザーにするだけで、カジュアルなサンダルがたちまち大人のオシャレアイテムに変わります。

黒のレザーサンダルであれば、どんなアイテムにも合わせやすいですし、オシャレで大人っぽく、なおかつ涼しいです。

レザーサンダルを買う際の注意点ですが、必ず試着をして店内を歩いてみましょう。サンダルなのに重いものもありますし、ストラップの形状が足に合っていないと、痛くて歩けないなんてこともあります。

Photo by ZOZOTOWN

エスパドリーユ

エスパドリーユとは、キャンパス地や綿素材とジュード縄の靴底からなる夏用のシューズです。

デザイン的には、スニーカー以上革靴未満といった感じで、スニーカーよりも大人っぽく、革靴よりも軽やかな印象です。

伝統的なエスパドリーユはジュード縄の靴底ですが、最近はデザインのみエスパドリーユで限りなく普通のスニーカーに近いものをありますので、そういったものを選べば雨の日でも履くことができます。

サンダルではラフ過ぎる、といった場所に行く場合には、足元をエスパドリーユに変えてやるだけで、夏らしさは残しつつ、よりキッチリした大人っぽい印象になります。

最初の一足としてはやはり黒がオススメです。足首がかなり開いたスリッポンタイプなので、黒でも夏っぽさは損なわれません。

Photo by ZOZOTOWN

まとめ

以上が僕がオススメする夏のマストアイテムです。

これらのアイテムは共通して

  1. 簡単に取り入れられて手軽にオシャレに見せることができる
  2. どんなアイテムともコーディネートしやすい

という特徴があります。

いくらオシャレでも、着こなすのにテクニックが必要であったり、合わせるアイテムを選ぶようなものは、実際には使いづらくせっかく買ってもいつの間にかタンスの肥やしになってしまいます。

これらのアイテムを、最初に書いた色の組み合わせに従ってコーディネートするだけで、簡単にそこそこオシャレになれるはずです。

夏の服選びに迷っている方は、まずはこれらのアイテムを揃えることから始めてみてください。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*