白T選びで失敗しないための3原則

初心者向けのアイテムとしても推されることの多い白T(白いTシャツもしくはカットソー)ですが、数ある白Tの中からオシャレな白Tを見つけ出し、それを着こなすにはそれなりの知識が必要となります。

本日のテーマはズバリ、失敗しない白Tの選び方についてです。



白Tのメリット、デメリット

白Tの最大の魅力はそのシンプルさです。飾り気がないためオシャレを頑張りすぎてない感を演出できます。頑張りすぎてない感はメンズファッションにおいてはとても重要な要素です。

また、安価な価格も魅力です。パックTと呼ばれる2枚、3枚がセットになったものであれば、良質なTシャツがとても安く手に入ります。

そして、白という色は清涼感があり、春はインナーとして、夏は一枚着として使うことができます。清涼感はすなわち清潔感に繋がり、女性ウケも期待できます。

一方、白Tのデメリットはなんでしょうか。

白Tというアイテムを冷静に見てみると、それはおじさんの下着となんら違いがありません。

ファッショニスタが着ればオシャレアイテム、おじさんが着ていればただの下着と、着る人の雰囲気次第でプラスにもマイナスにも転びかねないのが、白Tというアイテムなのです。

つまり、白Tとは、オシャレ初心者を手軽にオシャレに見せてくれるアイテムではなく、上手に取り入れることでおしゃれな人をよりオシャレに見せてくれるアイテムであると言えるのではないでしょうか。

Photo by zozotown

正しい白Tの選び方

オシャレアイテムとしての白Tを選ぶポイントは3つです。以下のポイントをきっちり抑えておけば、白T選びで失敗することはありません。

1.ビッグシルエットを選ぶ

最初のポイントはシルエットです。オシャレアイテムとして白Tを選ぶ以上、シルエットは流行のものを選んでおけば間違いありません。そして最近はオーバーサイズが主流です。単にサイズが大きいものを選ぶのではなく、自分にあったサイズで、「ビッグシルエット」「オーバーサイズシルエット」といった商品を選ぶようにしましょう。

なお、海外のファッションスナップを見ると、タイトな白Tをオシャレに着こなしている外国人が数多くいますが、あれは外国人だからこそ様になるのです。安易に真似しないよう注意しましょう。

Photo by WEAR

2.厚手のものを選ぶ

白Tの弱点は中が透けやすいところです。中にタンクトップなどのインナーを着る場合はいいのですが、白T一枚で着る場合、乳首や体が透けてしまう危険性があります。透けた男の乳首ほど見苦しくオヤジ臭く見えるものはありません。

そんなことにならないよう、白Tの生地は厚手のものを選ぶことが大切です。ただし、生地が厚くなればなるほど着心地は悪くなりますので、白Tを購入する際生地の内側に手を当ててどれだけ透けるか確認し、ギリギリ透けない程度の厚さのものを選ぶようにしましょう。

3.胸ポケット付きのものを選ぶ

繰り返しになりますが、白T選びで大切なことは下着っぽく見えないものを選ぶことです。そこで、胸にポケットのついたデザインを選べば、必然的に下着っぽさは薄まります

胸にポケットのないプレーンなデザインなものもオシャレですが、まずは下着に見えないことを第一に考え、胸ポケット付きのものから始めてみてはいかがでしょうか。

Photo by zozotown

まとめ

  • 白Tはシンプルかつ清潔感があり、上手に使えばよりオシャレに見えるアイテムである。
  • 白Tがオシャレアイテムになるか、ただの下着に見えてしまうかは着る人次第である。
  • ビッグシルエット(流行のシルエット)のものを選ぶ。
  • 厚手の生地のものを選ぶ。
  • 胸ポット付きのものを選ぶ。
Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
スポンサーリンク
広告(パソコン用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*