• このエントリーをはてなブックマークに追加

新大学生が最初に買うべきファッションアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

前回の記事で、新大学生に覚えておいて欲しいファッションの基本について書きました。

今回は、実際にどんな服を買えばいいのか、新大学生にオススメなファッションアイテムを紹介していきます。

スポンサーリンク
広告(パソコン用)

大学デビューファッションの基本(おさらい)

大学デビューにおいて、注意すべきなのは以下の点です。

  • 大学デビューでは、親しみやすさと大人っぽさを重視したファッションを心がける。
  • 高校時代までの服は基本的に処分する。
  • 細身のアイテムで、細身のコーディネートを心がける。
  • 靴はまず黒のローテクスニーカーを買う。
  • パンツは2種類のデニムを買う。
  • トップスは色のバランスを考えながらバリエーションを揃える。
  • コーディネートのどこかに一つ、明るめのアイテムを入れる。
  • コーディネートのどこかに一つ、カラーアイテムを入れるとよりオシャレ度がアップする。(応用編)

服を選ぶ際は、最低限これらのポイントを意識しましょう。それだけで十分オシャレな着こなしができるはずです。

参考:新大学生必読!!大学デビューを成功させるファッションの基本

オススメの靴

最初に買うべき靴の条件は2つです。

  • 黒色(ソールは白色)
  • ローテクスニーカー

白色のソールをオススメするのは、ソールまで真っ黒の靴は印象が重たくなりすぎるためです。また、ローテクスニーカーなら、カジュアルからキレイめまでどんなファッションにも合わせやすいです。

オールスター(CONVERSE)

Photo by zozotown

最初のオススメはコンバースのオールスターです。おそらく既に持っている人も多いのではないでしょうか。デザインがとてもシンプルなので、どんなファッションにも合わせやすいです。より大人っぽく履きたい場合、靴紐を黒色に変えたり、レザー素材のモデルを選ぶと良いでしょう。

JACK PURCEL(ジャックパーセル)(CONVERSE)

Photo by zozotown

二つ目のオススメは同じくコンバースのジャックパーセルです。オールスターに比べて、ソールが厚く履き心地が良いのが特徴です。デザイン的にはオールスターよりもシルエットが丸っとしていて可愛らしい印象です。高校生とは被りたくない、さり気なく違いを見せつけたい、という方にはジャックパーセルがオススメです。

SLIP ON(VANS)

Photo by zozotown

スリッポンタイプのスニーカーもオススメです。紐のスニーカーよりもより軽快な印象のため、真夏でも違和感なく履くことができます。一足持っておくと着こなしの幅がぐっと広がります。

オススメのパンツ

最初に買うべきパンツの条件は以下の3つです。

  • ジーンズ
  • ブラックデニム・リジッドジーンズまたは色落ちデニム
  • スリムシルエット
  • 自分の体型にフィットしている

ジーンズはファストファッション系のブランドなら比較的安価に手に入りますし、自宅で洗濯もできるため新大学生にピッタリです。ブラックデニムまたはリジッドジーンズを1本、色落ちデニムを1本用意しておけば、どんな着こなしにも対応することができます。シルエットは必ず細身のものを選びましょう。

また、パンツはトップスに比べてフィット感が疎かになりがちです。サイズ選びの際は、穿ける穿けないだけでなく、腰回り、お尻周り、腿周りが合っているか、きちんとチェックしましょう。

ストレッチスキニーフィットテーパードカラージーンズ(ユニクロ)

Photo by UNIQLO

ユニクロのストレッチが効いたスキニージーンズです。スキニーシルエットでもストレッチが効いているため履き心地も窮屈さがありません。ユニクロのスキニーは他のブランドほど細さが極端じゃないので、誰でも気軽に穿くことができます。価格が2,990円(税別)のため、財布にも優しいです。

ストレッチスキニーフィットテーパードジーンズ(ユニクロ)

Photo by UNIQLO

上のジーンズのリジッドジーンズ版です。ブラックを選ぶかリジッド(濃紺)を選ぶかは完全に好みでOKです。なお、こちらのジーンズもストレッチ素材(ポリウレタン)が入っているため、穿き心地がいい代わりにデニムの色落ちを楽しむには不向きです。

ストレッチスキニーフィットテーパードダメージジーンズ(ユニクロ)

Photo by UNIQLO

こちらは同ジーンズの色落ちデニムです。更にライトカラーのモデルもあります。クオリティに対して価格がとても安いので、色落ちデニムで迷ったらとりあえずこれを買いましょう。

AEOエクストリームフレックススキニージーンズ(AMERICAN EAGLE)

Photo by AMERICAN EAGLE

アメリカンイーグルの色落ちデニムです。こちらもストレッチ素材のおかげで細身のシルエットの割に履き心地がグッドです。海外のブランドなので、ガタイがいい人にも似合いやすいジーンズです。価格は7,490円(税別)です。

紹介した以外にも、H&MやGAPなどでも安価で高クオリティなジーンズが手に入ります。同じスキニーやスリムシルエットでも、ブランドによってシルエットが異なるため、必ず試着して自分に最もフィットする1本(2本)を見つけましょう。

オススメのトップス~アウター編~

トップスは印象に残りやすいため、ある程度バリエーションを揃えておく必要があります。最初のうちは癖のないシンプルなアイテムを買うようにして、コーディネートのバリエーションを増やすことが大切です。

アウターを買う際は、HAREやRAGEBLUEといったブランドや、BEAMSやJOURNAL STANDARDなどのセレクトショップがオススメです。前者のブランドはそこそこの価格でオシャレなアイテムが手に入りますし、後者のセレクトショップもショップオリジナル商品なら安価にトレンドアイテムが手に入ります。

テーラードジャケット

Photo by zozotown

テーラードジャケットは大人っぽさを出しつつ、合わせる服によってカジュアルにも大人っぽくも着こなせるため、1着は持っておきたいアイテムです。テーラードジャケットは着丈が長いほどドレス感が強くなり、着こなしの難易度も上がります。最初はショート丈のものを買うと使いやすいです。色は断然黒がおすすめです。

ブルゾン(MA-1)

Photo by zozotown

ブルゾンも合わせるアイテムを選ばない万能アイテムです。テーラードジャケットよりもカジュアル感が強く、さらっと着こなすことができます。軽いので着ていてストレスもないですし、価格も比較的安いです。ブルゾンの仲間であるMA-1を選べば、簡単にトレンド感のあるコーディネートが完成します。カラーバリエーションが豊富な商品も多いため、手持ちのアイテムと合わせやすい色をチョイスしましょう。

パーカー

Photo by zozotown

パーカーは1枚は持っておきたい万能アイテムです。春にアウターとして羽織ることはもちろん、ジャケットやブルゾンの中にインナーとして着ることもできます。インナーとして着ることも想定して、なるべく細身のものを選びましょう。自宅で洗うこともできるので、取扱いが楽なのも魅力です。

ステンカラーコート

Photo by zozotown

薄手のステンカラーコートは、スプリングコートとして活躍します。4月初旬の寒い日は、春らしさも出しつつ防寒性もバッチリです。デザインがシンプルなので、ブルゾンやジャケットと同じ感覚でさらりと着ることができます。

オススメのトップス~インナー編~

どのインナーを着るかは、その日のアウターとの相性で決めましょう。インナー選びで迷わないために、最低限以下のアイテムを揃えておきましょう。

  • 黒系カットソー(Tシャツ)
  • 白系カットソー(Tシャツ)
  • グレー系カットソー(Tシャツ)
  • ボーダー柄カットソー(Tシャツ)
  • 白シャツ

これらのインナーをアウターと組み合わせれば、カジュアルからキレイめまで幅広い着こなしをすることができます。

インナー選びの際は、アウター編で紹介したブランド、セレクトショップのほか、ファストファッション系ブランドも積極的に活用しましょう。

黒系カットソー

Photo by zozotown

黒系のカットソーを着ることで、コーディネートが引き締まった印象になります。首元は浅めのクルーネックがトレンドです。胸元がざっくり開いたVネックはちょっといやらしいので避けた方が無難です。サイズ感はジャストサイズが基本です。

白系カットソー

Photo by zozotown

白系のカットソーを着ることで、コーディネート全体が明るくなります。パンツ、アウター共に黒色を選んだ場合、カットソーを白にすることでバランスがよくなります。白のカットソーを買う際は、下着っぽくみえないよう折柄やワッフル生地のもの、厚手の生地のもの、ポケットTなどデザイン性のあるものを選びましょう。また、薄手のものを着る際は肌が透けないよう、中にタンクトップを着るなどしましょう。

グレー系カットソー

Photo by zozotown

グレーも黒や白同様どんな色にも合わせやすい万能色です。グレーはスウェットなどリラックス感のあるアイテムを連想させるため、ロング丈などデザイン性のあるアイテムを選ぶとオシャレに着こなせます。

ボーダー柄カットソー

Photo by zozotown

ボーダー柄は海を連想させるマリンテイストのアイテムのため、コーディネートが爽やかな印象になります。ボーダー柄は、ボーダーが細いほど大人っぽく、ボーダーが太ければ太いほど子供っぽくなるため、ボーダーが細い(細かい)ものを選びましょう。ボーダーの色は、どんな色のアイテムとも合わせやすい黒×白か、ブルージーンズと相性の良い紺(こん)×白がオススメです。

白シャツ

Photo by zozotown

白シャツはコーディネートにドレス感を加えらえれるオススメアイテムです。ドレス感が高まることで、より大人っぽい印象になります。1枚は持っておきたい白シャツですが、通常の襟つきのシャツでは、普段使いには少しカッチリし過ぎます。そこでオススメしたいのが、写真のようなノーカラー(バンドカラー)のシャツです。これならカッチリし過ぎず、カットソー感覚で気軽に着こなすことができます。

ロングタンクトップ

Photo by zozotown

基本的なコーディネートに、ロング丈のタンクトップを加えることで、手軽にレイヤードスタイルが完成します。インナーの下からタンクトップをちらっと見せることで、コーディネートに奥行きが生まれます。インナーとパンツの間にタンクトップが1枚加わるだけで、オシャレ度がぐっと増しますので、コーディネートに変化をつけるために1枚持っておくと便利です。

まとめ

今回紹介したアイテムを組み合わせれば、それほど難しく考えなくてもそれなりにオシャレなコーディネートができあがるはずです。

大学デビューにおけるファションで大切なことは、それなりにオシャレであることです。オシャレすぎると逆に近寄りがたくなってしまいますし、ファッションに無頓着すぎるのは論外だからです。

まずはこれらのアイテムを揃えて基本コーディネートを作り、更に好きなアイテムを加えて徐々に自分らしいスタイルを作っていきましょう。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*