• このエントリーをはてなブックマークに追加

最低限覚えておきたい、失敗しないスニーカーの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

23d1afca039ab955de2449babb538859_m

オシャレに欠かせないファッションアイテム、スニーカー。しかし、その選び方やコーディネートは意外と難しいものです。

なぜスニーカーは難しいのか。どうすればオシャレなスニーカーを買うことができるのか。それらについて考えていきます。

スポンサーリンク
広告(パソコン用)

スニーカーって意外と難しい

スニーカーの難しさの一つ目の要因は、スニーカー自体が持つイメージにあります。

男性の靴と言えば、スニーカーもしくは革靴(ブーツ含む)が定番です。そして、スニーカーは革靴に比べてよりカジュアル、悪く言えば子供っぽい印象があります。

そして、メンズファッションの大原則として、ある程度のドレス感、大人っぽさがあるコーディネートの方が、周囲に与える印象は良くなります。カジュアル過ぎるコーディネートは、幼稚で子供っぽく思われてしまうのです。

これらを総合すると、スニーカー自体がカジュアルなアイテムのため、カジュアル感の強いファッションにスニーカーを合わせてしまうと、全体としてカジュアル感が出過ぎた、子供っぽい印象を与えてしまう、ということが言えます。

一方で、外国人のファッションスナップを見ていると、全身カジュアルなコーディネートを見事に着こなしています。それは外国人の体格、顔立ちが大人っぽい印象のため、ファッションがカジュアル全開でも全体としてバランスが取れているのです。

Photo by Fashionsnap.com

Photo by Fashionsnap.com

二つ目の要素として、スニーカーは革靴に比べ、それを構成する要素が複雑である、という点が考えられます。

革靴であれば、特別個性的なものを除いて、ほぼ一色で作られており、デザインもいくつかのパターンに分類することができます。「黒色のストレートチップが欲しい」と思ったら、微妙なシルエットの差を除けば、ほぼ思った通りの革靴が手に入ります。

しかし、スニーカーの場合そうはいきません。同じ黒色のスニーカーでも、靴紐、ソール、ヒールカップ、シュータン・・・などなど、色やデザインのバリエーションが無数にあります。

そして、靴紐の色が一つ違うだけで子供っぽくも大人っぽくもなる、そのスニーカーのイメージは全く変わってくるのです。

つまり、スニーカーを選ぶ際にチェックすべきポイントは革靴よりも圧倒的に多く、イメージ通りのスニーカーを手に入れることはそのような革靴を手に入れるよりずっと難しいのです。

スニーカーを選ぶ際のコツ

ここでは最低限押さえておきたいスニーカー選びのコツを紹介します。

靴もコーディネートの一部であることを意識する

まず絶対に意識したいのが、靴もコーディネートの一部だということです。

トップスやアウター選びの際ボトムスとの相性を考えるのと同様に、スニーカーを選ぶ際も、服との相性を考える必要があります

まずは服との色合わせを考えましょう。服でコーディネートのポイントとなる色を使っている場合、異なる色のスニーカーを合わせてしまうと、全体としてごちゃごちゃした印象になってしまいます。

色のある服に合わせるスニーカーは、同系色、または無彩色(白や黒)のものが無難です。反対に、スニーカーの色をコーディネートのポイントにする場合は、同系色もしくは無彩色の服を合わせるのが正解です。

また、色だけでなくイメージのバランスも重要です。

メンズファッションのコーディネートは、ドレス感が強すぎてもカジュアル過ぎてもいけません。全体としてややドレスよりに仕上がるのがベストです(ドレス:カジュアル=7:3くらい?)。

ですので、服のドレス感が強すぎる場合、カジュアル要素の強いスニーカーを合わせて中和させます。これを「カジュアルダウン」「外し(はずし)」などと言います。例えば、肩が凝りそうなかっちりしたファッションを、スニーカーのカジュアル感で中和させ、より軽快で近寄りやすい印象にすることがそれにあたります。

逆に、服のカジュアル感が強い場合、靴もカジュアルなものを選んでしまうと、カジュアル要素が強すぎて子供っぽいコーディネートになってしまいます。この場合、ドレス感の強いスニーカーを合わせるか、いっそ革靴をチョイスし大人っぽさを加えてやるのが正解です。

Photo by lesfreresjoachim.com

Photo by lesfreresjoachim.com

スニーカーのカジュアル要素を見極める

既に述べたとおり、スニーカーは基本的にはカジュアルなアイテムです。

しかし、その中にはカジュアルなものもあればドレス感の強いものもあります。それを見極めることができれば、服に合わせて適切なスニーカーを選ぶことができます。

ハイテクスニーカーとローテクスニーカー

ハイテクスニーカーとは、スポーツブランド(アディダスやナイキなど)が作る機能性にも優れたスニーカーのことです。街中だけでなく、スポーツやレジャーでの使用も想定されており、履き心地の良さも特徴の一つです。

adidas-eqt-support-93-17-bb1234-release-20170126-2

Photo by adidas

一方、ローテクスニーカーとはコンバースのオールスターのようなとにかくシンプルなスニーカーです。プレミアムなモデルを除いて価格は安価ですが、長時間の歩行には向かないものもあります。

32262991

Photo by converse

これらを比較すると、ハイテクの方がカジュアルな印象、ローテクのほうが大人っぽい印象です。

おそらく子供のほうがメカっぽいハイテクなものを好み、大人になるにつれよりシンプルで洗練されたものの中にカッコよさ、美しさを感じるようになるからなのでしょう。

また、デザインがシンプルなローテクスニーカーの方が、様々なファッションに合わせやすいです。ハイテクスニーカーはアイテム自体のインパクトが強いため、場合によっては他のアイテムと喧嘩してしまうことがあります。

スニーカー全体に占める白色の面積の割合

同じモデルのスニーカーであっても、それに含まれる白色の割合で、カジュアル度合いが変わってきます。

白色の面積が多ければ多いほど、軽やかでカジュアルな印象になります。

つまり、真っ黒のスニーカーが最も重くシックな印象を与え、真っ白のスニーカーが最も軽やかでカジュアルな印象だということです。

実際には、極端に重かったり、極端に軽やかな印象のスニーカーは、合わせる服からそれだけが浮いてしまう危険性があります。

ですので初めのうちは、ソールや靴紐のみ白色といった、ほどよくカジュアル感がミックスされたスニーカーを選んだほうが失敗が少ないですし合わせる服を選びません。

下の2つのスニーカーは、どちらもコンバースのジャックパーセルですが、靴紐の色が異なるだけで、下のモデルのほうがグッとシックで大人っぽい印象になります。

32242981

Photo by converse

32243051

Photo by converse

レザースニーカーで大人っぽく

スニーカーであっても、革素材のものを選べばより大人っぽい印象になります。

レザースニーカーは大人っぽいアイテムなので、大人っぽいドレス感の強いファッションとも相性が良いですし、それでいてスニーカーなので、革靴よりも適度なカジュアル感を与えてくれます。

つまり、レザースニーカーは革靴とスニーカーのいいとこ取りなのです。カジュアルと大人っぽさ(ドレス感)は本来相反する要素ですが、レザースニーカーはどちらの要素も持ち合わせているため、コーディネート全体のバランスを崩す心配がありません。

02031808_58944889c20d7

Photo by BEKKU HOMME

まとめ

スニーカーを選ぶ際、最低限押さえておきたいポイントを解説してきました。

大切なことは、服とスニーカーの相性を考えることです。服とスニーカーの相性とは、色の相性、カジュアル・ドレスといった印象の相性です。

カジュアル感の強い服には大人っぽい(ドレス感のある)スニーカーを合わせ、ドレス感の強い服にはカジュアルなスニーカーを合わせるのが基本です。

しかし、スニーカー自体がカジュアルなアイテムであること、そのデザインや色によって印象が大きく変わってくることを意識する必要があります。

また、極端に重い印象のスニーカー、極端にカジュアルな印象のスニーカーは、真逆のファッション合わせた場合、それだけが浮いてしまう危険性があることにも注意しなければなりません。

これらのポイントを意識してスニーカーを選べば、おそらくスニーカー選びで大きく失敗することはないはずです。

  • スニーカー自体はカジュアルなアイテムである。
  • スニーカーを選ぶ際は、合わせる服との相性(色の相性、印象のバランス)を考える。
  • ローテクスニーカーよりハイテクスニーカーの方が、よりスポーティーでカジュアルな印象。
  • スニーカー全体に占める白色の面積の割合で、カジュアル度合いが決まる。
  • レザースニーカーはカジュアルとドレスのバランスが良く、どんな服にも合わせやすい。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*