自分の定番コーディネートを作ることの重要性

28cb1c30e1ce7340e4339fbbe42b85ab_m

ファッションに興味を持ち始めた人が最初にやるべきことは、まずは自身のファッションの軸となる、定番コーディネートを作ることです。

新しい服を買ったのに、手持ちの服とどうも合わない。季節が変わるたびに新しい服を買って服代がかさむ。自分の定番コーディネートを作ることで、このような悩みとはおさらばできます。

定番コーディネートがあれば、そのコーディネートを軸に、一部を他のアイテムと交換したり、更にアイテムを追加することで、季節感を出したり、TPOに合わせたファッションをすることが容易になります。



定番コーディネートはオールシーズン対応

例えば下記のような定番コーディネートを持っているとします。

  • トップス:カットソー(長袖)
  • ボトムス:ジーンズ
  • シューズ:スニーカー

実際に季節ごとの、定番コーディネートの使い方を考えてみましょう。

春(4月~6月)のコーディネート

上記のコーディネートでは寒いので、春はトップス(羽織もの)を追加します。パーカーやカーディガン、ブルゾンなど、定番コーディネートに合いそうなものを選んでください。

  • トップス:カットソー(長袖)、ブルゾン
  • ボトムス:ジーンズ
  • シューズ:スニーカー

梅雨くらいになれば、気候的にも定番コーディネートそのままで大丈夫です。シンプル過ぎると思うかもしれませんが、各アイテムのサイズの選択を間違わなければ、シンプルでも十分オシャレに見せられます。涼しい日のために、カットソーの上に羽織るシャツも持っていると便利です。

  • トップス:カットソー(長袖)、シャツ
  • ボトムス:ジーンズ
  • シューズ:スニーカー

夏(7月~8月)のコーディネート

梅雨が明ければ初夏の陽気です。長袖では暑い(暑苦しい)ので、トップスのカットソーを半袖に変えましょう。TシャツでもカットソーでもOKです。

  • トップス:カットソー(半袖)
  • ボトムス:ジーンズ
  • シューズ:スニーカー

次は真夏です。ジーンズで暑い場合は、ボトムスをショートパンツに変えましょう。真夏にジーンズでもオシャレですが、オシャレのために過ごしやすさを犠牲にするのはナンセンスです。また、シューズもスニーカーからサンダルに変えれば、グッと夏らしさが高まります。

  • トップス:カットソー(半袖)
  • ボトムス:ジーンズorショートパンツ
  • シューズ:サンダル

d93447b048598dbe8875eac84be204ce_m

秋(9月~11月)のコーディネート

秋になったら、徐々に元の定番コーディネートに戻していきます。ショートパンツ→ジーンズ、サンダル→スニーカー、半袖→長袖。夏前との違いは、カットソーの上に羽織るトップスに、秋らしいものを選択するということです。例えばシャツの色味を茶系にすることで、秋らしさが出ます。

  • トップス:カットソー(長袖)、シャツ(茶系)
  • ボトムス:ジーンズ
  • シューズ:スニーカー
  • トップス:カットソー(長袖)、シャツ(茶系)、ブルゾン
  • ボトムス:ジーンズ
  • シューズ:スニーカー

冬(12月~3月)のコーディネート

冬が近づくに連れ、徐々に寒さが気になりだします。そんなときは、トップスのカットソーをニットに変えましょう。更に寒さが深まってきたら、トップスの上にアウターを着用しましょう。アウターの選択によって、ファッション全体の雰囲気がガラッと変わります。自分の好みに合わせて選びましょう。また、マフラーで首元を暖めると、体感温度が全然違います。

  • トップス:ニット、チェスターコート
  • ボトムス:ジーンズ
  • シューズ:スニーカー
  • その他 :マフラー

更に寒くなる真冬は、アウターをダウンジャケットに変えましょう。ダウンジャケットはとても暖かいので、人によっては、ダウンジャケットの中はカットソー1枚やシャツで十分かもしれません。

  • トップス:カットソー(長袖)、ダウンジャケット
  • ボトムス:ジーンズ
  • シューズ:スニーカー

fa652d0abdd001fc1321d7b2e34b10da_m

これで1年間のコーディネートが完成しました。

あとはTPOや自分の目指すスタイルに合わせて、例えばシューズをスニーカーからレザーシューズにすることで大人っぽくしたり、トップスをテーラードジャケットにすることでよりカッチリ感を出したりと、雰囲気を変えていけばいいのです。

更に、首元や手首にアクセサリーを加える事で、より華やかでオシャレに見せることができます。

定番コーディネートを持つことで、季節ごとのコーディネートが容易になります。

シンプルイズベスト

定番コーディネートは、できるかぎりシンプルなものがおすすめです。

シンプルなコーディネートは、無駄にゴテゴテしたファッションよりオシャレですし、なにより好印象です。

そして、定番コーディネートを軸に様々なアイテムを組み合わせることを考えると、軸となるコーディネートがシンプルであればあるほど、他のアイテムが合わせやすく、選択肢が広がります

応用の効くシンプルなコーディネートを定番として持っていれば、その後どのようなファッションにも対応することができます。

また、シンプルな服は、着倒して劣化しても、同じような服をまた買うことができるというメリットもあります。

定番コーディネートとするアイテムは、それだけ着る回数も多く、シーズンごとにしか着用しないものより消耗が激しいです。つまり、それだけ寿命が短く、買い替えの時期が早く来るのです。

二度と手に入らないような、デザイン性のあるものを軸にしてしまうと、そのアイテムがなくなったら、ファッションのベースから再構築しなけれならず、下手すると他のアイテムまで買い直さなくてはならなくなります。

自身の定番コーディネートをシンプルなアイテムで構成することで、そのような事態を防ぐことができます。

85234a003b299e1e8f2b523bd69b264e_m

まとめ

  • まずは自分の定番コーディネートを作る。
  • 季節ごとのコーディネートは、定番コーディネートを軸に組み立てる。
  • 定番コーディネートは、シンプルなコーディネートを心がける。
  • シンプルなコーディネートは、どんなアイテムも合わせやすい、同じようなアイテムが入手しやすい、といったメリットがある。
Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
スポンサーリンク
広告(パソコン用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*