• このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションで重要な3つのシルエットを、コーディネートにどう活かすか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

496540b7ec6188ab649b3df12c6bd836_m

ファッション雑誌を見ていると、○○ラインという言葉をよく見かけます。

Aライン、Yライン(Vライン)、Iラインといったものです。

これは服の上下の組み合わせ(トップスとボトムス)によるシルエットを、アルファベットに見立てて表現しているのです。

まずはコーディネートの基本となる3つのライン(シルエット)をおさえましょう。

スポンサーリンク
広告(パソコン用)

下にボリュームを持たせるAライン

Aラインとは、下にボリュームを持たせるシルエットです。

Aラインシルエットを作るには、トップスにタイトなものを、ボトムスにルーズ(太め)なものを持ってきます

Aラインのメリットとして、オシャレをわかってるな~感(こなれ感)がアップすること、下半身にゆとりがあるので夏でも快適に過ごせること、足が太くてもそれを隠せること、などが挙げられます。

20160708174428779_500

Photo by WEAR

トップスによりタイトなものを、ボトムスによりボリュームのあるものを持ってくることで、Aラインが強調され、よりオシャレわかってる感がアップします。

Photo by WEAR

Photo by WEAR

Aラインシルエットを成功させるには、トップスの丈は短めのものを選ぶのがポイントです。

タイトなシャツなどは良いのですが、冬物のアウターはどうしてもボリュームが出やすいので、丈の長いものを選ぶと、Aラインに重要なトップスのタイトさを作ることができません。

上にボリュームを持たせるYライン

Aラインの反対で、上にボリュームを持たせるのがYラインです。

つまり、ボトムスをタイトに、トップスにボリュームのあるアイテムを持ってきます

また、あえて意識しなくても、冬物のアウターはボリュームが出やすいので、細めのパンツにコートを合わせれば、自然とYラインシルエットが完成します。

Photo by WEAR

Photo by WEAR

現在流行中のビッグTも、Yラインを作るための重要アイテムです。ビッグTがタイトなパンツと相性が良いのは、ルーズなビッグTにタイトなパンツを組み合わせることで、上下のメリハリが出て、よりYラインが強調されるからなのです。

20160426070039941_500

Photo by WEAR

Yラインは今流行りのシルエットと言えます。Yラインを強調することで、流行感度の高さをアピールできます。

また、Yラインの一番のメリットは、体型隠しにも最適だということです。男性の場合、足よりも上半身(特にお腹)に脂肪がつきやすいです。上半身にボリュームのあるアウターを被せることで、お腹周りのボリュームを覆い隠すことができます。

上から下まで一直線、最もベーシックなIライン

上と下でメリハリをつけるAライン、Yラインに対し、上下のボリューム感を揃え、シンプルに大人っぽく仕上げるのがIラインです。

Iラインは王道かつ最もベーシックなシルエットです。

Iラインを成功させるポイントは、トップス、ボトムス共にタイト~ジャストサイズのものを選ぶということです。

上下にメリハリがないので、ルーズなアイテムを選んでしまうと、全体的に野暮ったくなってしまうからです。

Photo by WEAR

Photo by WEAR

Iラインは癖のないベーシックなシルエットなので、誰にでも好印象です。迷った時は、とりあえず身体にフィットするアイテムを選んでおけば、自然と綺麗なIラインを作ることができます

しかし、Iラインはそのシンプルさ故、体型をカバーする効果はありません。王道であるIラインシルエットを着こなすためには、ある程度のスタイル、体格の良さが求められるかもしれません。

Photo by WEAR

Photo by WEAR

結局どのシルエットを選べばいいのか

結局のところ、シルエットとは、上下のアイテムの組み合わせの結果に過ぎません。特にシルエットを意識せず適当にアイテムを選んでも、大抵の場合、3つのうちどれかのシルエットに当てはまるものなのです。

シルエットについて考える際、あえて気をつけることがあるとすれば、ルーズ×ルーズの組み合わせは、避けた方が無難ということです。

ルーズ×ルーズの組み合わせは、3つの基本のシルエットのいずれにも該当しないため、上級者向けの組み合わせ、と言えます。

初めからシルエット(○○ライン)ありきで考えるよりも、例えば体型カバーや防寒のために、ボリュームのあるアウターを選んだら、バランスをとるために、下はタイトなパンツを穿こう、といったように、最初に選んだアイテムと相性の良さそうなアイテムを選べば、自然と基本的なシルエットに仕上がる、と考えればOKです。

トップス ボトムス シルエット
タイト(ジャスト) ルーズ Aライン(ややAライン)
ルーズ タイト(ジャスト) Yライン(ややYライン)
タイト(ジャスト) タイト(ジャスト) Iライン

アイテムの相性を判断する指針として、3つのシルエットを活用してください。上記いずれかのシルエットに該当すれば、その組み合わせは正しい、と判断することができます。

まとめ

  • おさえるべきシルエットは、Aライン、Yライン、Iラインの3種類。
  • Aラインはオシャレ感を強調できる。
  • Yラインは体型隠しにも最適。
  • Iラインは最もベーシックなシルエット。身体にフィットするアイテム選びが成功の秘訣。
  • ルーズ×ルーズの組み合わせを避ければ、とりあえずシルエットで失敗することはない。
Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*