• このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションに大切なバランス感覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

45f52cc1f79da0d964a696530b0b51fd_m

ファッション雑誌を見ていると頻繁に目にするフレーズがあります。

それが、○○MIXコーデです。

異なる、あるいは相反する2つの要素を一つのコーディネートに詰め込んでしまうという、オシャレテクニックです。

新たな流行を生み出そうとするアパレル業界、マスコミ業界によるこじつけかと思いきや、その考え方は案外参考になります。

スポンサーリンク
広告(パソコン用)

バランスが大切な理由

ファッションには、バランスが大切です。そのコーディネートを構成する要素が、ある方向に極端に振れてしまうと、全体のオシャレ度は下がってしまうのです。

例えば、現在緩めの(オーバーサイズ)のトップスが流行っています。あえて肩の落ちたデザイのものや、身幅の余った大きめのTシャツやカットソーで、ゆとりのあるリラックス感を演出するのです。

だからと言って、ボトムスも大きめのものを選んでしまうと、上下ともにオーバーサイズになってしまい、ダボダボでだらしない印象になりかねません。

リラックス+リラックス=超リラックスではありません。リラックス+リラックス=だらしないなのです。

トップスに緩めのアイテムを選んだ場合、ボトムスは細めを選ぶのが定石です。トップスの緩さでリラックスに振れた印象を、ボトムスの細さで調整してやるのです。

また、ボトムスに細身のアイテムを選ぶことで、トップスの緩さがより引き立つ、という効果もあります。

Photo by WEAR

Photo by WEAR

色選びについても同様のことが言えます。コーディネートの主役に明るいアイテムを選んだ場合、その他のアイテムの色味を抑えることで、主役の明るさがより引き立ちますし、全体のバランスがよくなります。

Photo by WEAR

Photo by WEAR

テイストをMIXすることの利点

ファッションテイストのMIXもあります。例えばモードとカジュアルのMIXです。

モードとカジュアル、どちらか一方で統一してしまうと、全体の印象がその一方の要素に大きく振れてしまいます。すると、一方のテイストを好む人達からは好印象でしょうが、反対のテイストを好む人達からは、あまりオシャレに思われないかもしれません。

そこで、両方のテイスト取り入れることで、どちらの支持者からも好印象を持たれることが可能になります。

ファッションスナップなどで評価の高いコーディネートは、大体2つのテイストをさり気なく取り入れています。モードとコンサバ、カジュアルとドレス、フォーマルとスポーツなど、様々です。

必要以上に意識する必要はありませんが、気になったコーディネートがどのような要素で構成されているか、考えてみるのも面白いかもしれません。

20160725144454238_500

Photo by WEAR

ファッションにおけるバランスの考え方

ファッションにおいてバランスが大事なのは間違いないのですが、必ずしも相反するアイテムを組み合わせなければならない、というわけではありません。

実際には、上下ともにオーバーサイズ、全身明るい色や暗い色、といったコーディネートでオシャレな人はたくさんいます。

しかし、それらの人達は、そのアイテム選びやアイテム同士の組み合わせが絶妙です。その感覚は一朝一夕では身につきません。

また、極端に太い、極端に細いなどの、ある要素が明らかに際立つアイテムを選ばなければ、全体のバランスを難しく考える必要はありません。

コーディネート全体を見渡したとき、ある要素が目立つようであれば、相反する要素を持つアイテムで引き算し、全体のバランスを中央近くに戻してやればいいのです。

まとめ

  • 相反するアイテムを組み合わせることで、もう一方のアイテムの特徴がより引き立つ。
  • ファッションテイストをミックスすることで、どちらのテイストの支持者からも高評価を得られる。
  • オシャレなコーディネートは大抵2つのテイストをミックスしている。
  • コーディネートの中である要素が目立つときは、他の部分に反対要素を加えてバランスを取る。
Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*