• このエントリーをはてなブックマークに追加

過ぎたるは及ばざるが如し、オシャレもほどほどが肝心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

maxresdefault

過ぎたるは猶及ばざるが如し

誰もが知るこの格言は、やり過ぎはむしろ足りないのと同じ、何事もほどほどが一番ですよ、という教えです。

オシャレについても、やはりこの格言は当てはまります。

つまり、○○過ぎるアイテムや着こなしは、むしろオシャレ度を下げてしまう、ということです。

例えば、細すぎるパンツ、全身原色(明るすぎる)のファッション、両腕にジャラジャラとつけたシルバーアクセサリーなどです。

細身のパンツも、明るいカラーのアイテムも、そしてシルバーアクセサリーも、どれもファッションおいて重要なアイテムであり、上手に(適度に)取り入れることで、その人のオシャレ度を高めてくれます。

しかし、何事もほどほどが肝心。ある一定のラインを超えると、やり過ぎ感が出てしまい、そのアイテムの持つ雰囲気や長所よりも、むしろやり過ぎ感に目が行ってしまいます

すると、そのアイテムの長所は一点短所に変わってしまうのです。

細身のパンツは定番中の定番ですが、その細さも行き過ぎると、スリムというプラスの印象から、ピタピタ、ピチピチ、というマイナスイメージに変わってしまいます。

それを分ける一定のラインを見極めるのが難しいのですが、ファッションスナップや街で見かけたオシャレな人をよく観察して、その感覚を身につける必要があります。

スポンサーリンク
広告(パソコン用)

あまりに惹かれるコーディネートに要注意

ファッションスナップを眺めていると、数あるスナップの中から、特に惹かれるコーディネートに出会うことがあります。

しかし、そんなコーディネートこそ要注意、それを真似するべきか否か、一旦立ち止まって考えて見る必要があります。

あなたが特に惹かれたそのコーディネートは、あなたが好きなファッションテイストに特化した極端なコーディネートかもしれません。

つまり、例えばあなたがモード系のファッションが好きだとしたら、極端に真っ黒で、極端に細身なファッションに惹かれる可能性が高いのです。

そのファッションはあなた同様モード系を好む人にとっては満点でも、それ以外のファッションを好む人からは、やり過ぎ以外の何物でもないのです。

そしてやり過ぎたファッションは、そう感じる人にとっては間違いなく、減点対象です。

あなたのファッションを見る人は、あなたと同じ感性を持つ人ばかりではない、ということを頭に入れておきましょう。

他人の目を意識するのであれば、好きなテイストを取り入れつつ他の要素をほどよく取り入れた、MIX(ミックス)スタイルがおすすめです。

モード系が好きなのであれば、モード系のアイテムをメインにして少しだけ他の要素(カジュアル、ストリートなど)を加えてやると、やり過ぎ感がなくなって万人受けするスタイルに仕上がります。

Photo by WEAR

Photo by WEAR

全身真っ黒のモード系コーデですが、キャップや時計などの小物でストリート要素を加える事で、モード系に寄り過ぎず上手くバランスが取れています。

Photo by WEAR

Photo by WEAR

こちらはキャップとトップスがメインのストリートスタイルです。ストリート系はやり過ぎると子供っぽくなりがちですが、ボトムスにキレイめなパンツを持ってくることでバランスが取れています。靴もレザーシューズで大人っぽさを加えています。

とは言え、あえてやり過ぎてみるのも面白い

本ブログのファッションに関する記事は、ファッション初心者~中級者の方向けに書いています。

ファッション初心者は、自分らしさを出す前に、まずは他人に好印象を持たれるファッションを心がけるべきだと思います。だからこそ、自分の好みが前面に出過ぎるやり過ぎコーデは、やめた方が無難です。

しかし、ある程度オシャレの基本がわかっていて、やり過ぎのラインを見極められる人ならば、あえてそのラインを踏み越えて、自分の好きなファッションを追求するのもありだと思います。

個人的には、そん感じではっきりしたポリシーを持ち、それを貫いている人は、どんなジャンルであれとてもカッコいいと思います。

一目でこの人はこんなファッションが好きなんだ、というのがわかるファッションこそが、本当のオシャレであり、オシャレを楽しむことなんだと思います。

僕自身はそんなレベルに達していないので、あくまで無難なファッションに徹し、その中に少しだけ「らしさ」を出せるよう奮闘しています。

やはりモードはカッコいい・・・

まとめ

  • やり過ぎ感のあるファッションはマイナスイメージに繋がる。
  • あまりに目を惹くコーデは、やり過ぎ感がないか真似する前によく考える。
  • 好きなファッションテイストは人によって様々である。
  • 異なるテイストをミックスしてやり過ぎ感を中和する。
  • まずは好感度重視のコーデを心がける。
  • オシャレの感覚が掴めてきたら、徐々に好きなテイストの割合を増やしていく。
Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*