オシャレか否かを決める要素とは?オシャレ初心者が目指すべき姿と確実にオシャレになるステップアップの方法

46acc22bd07a25a3733ffd681fb3c4a4_m

この記事を見ている皆さんは、多かれ少なかれファッションに興味があり、今よりオシャレになりたい、そう思っている人がほとんどだと思います。

この記事では、周りの人達からオシャレだと思われるためにはどのようにステップアップしていけばいいのか解説していきます。



オシャレ度によるグループ分けと目指すべきゴール

今よりオシャレになりたいと思ったら、まずは自分の現在の立ち位置を知る必要があります。

日本人男性を、そのオシャレ度によって5つのグループに分けてみました。数字が大きくなるほどオシャレ度は上がります。

  • グループ1:ファッションに全く興味がなく、服を選ぶという意識すらない人
  • グループ2:ファッションに興味があり自分なりのこだわりがあるが、その方向性が間違っていてセンスが悪いと思われている人
  • グループ3:オシャレだともそうでないとも思われない普通の人
  • グループ4:服に対して自分なりのこだわりがあり、周囲からもオシャレだと思われている人
  • グループ5:服に対して強いこだわりがあり、自他共に認めるオシャレさん

男性の多くはグループ1に属しており、オシャレかどうかも意識せず適当に服を選んでいる人は意外と多いものです。中には自分で服を選ぶことすらしない人もいるかもしれません。

グループ2になると、自分なりのこだわりを持って服を選ぶのですが、その方向性が間違っていて、せっかく選んで買った服がむしろマイナスポイントになってしまっています。影でセンスが悪いと言われてしまうのもこのグループの特徴です。

グループ3は良くも悪くも普通の人です。ベーシックな服を普通に着ており、服のせいで悪い印象を持たれることもありませんが、特に印象に残りもしません。服がプラスにもマイナスにも作用しないため、周囲から得られる評価については、その人自身の魅力のみで勝負することになります。

グループ4になると、服に対するこだわりが良い方向に働き、自ら選んだ服がその人自身をより魅力的に見せています。周囲からオシャレな人だと認識されるのもこのグループからでしょう。

グループ5はショップ店員や美容師など服に強いこだわりがあり、実際にオシャレな人達です。周囲から服について相談されたり、格好を真似されたりするファッションリーダー的存在です。

そして、本ブログでは、グループ1~グループ3の人達がグループ4になるための情報を提供していきたいと考えています。

普通に生活していくうえではグループ3でも十分だと思いますが、せっかく服を着るなら、服の力を借りて自分をより良く見せられた方がいいはずです。

一方、グループ5を目指すのも現実的ではありません。服に対する特別な情熱や生まれ持ったセンスが必要であったり、ときにはオシャレ過ぎることがかえって日常生活に縛りを作ってしまう恐れもあるからです。

普通の人が普通の生活をしながらもちょっとだけオシャレに見える。それこそが僕達普通の人が目指すべきオシャレのゴールだと思います。

ではグループ1に属する人が、グループ4にステップアップするためには、どのような段階を踏んでいけばいいのでしょうか。

ステップ1:ファッションに興味を持つ

まず何より必要なことはオシャレをしようという気持ちを持つことです。これだけでグループ1からグループ2にステップアップできます。

このブログを見ている時点で、多かれ少なかれファッションにあるはずです。早速次のステップに進みましょう。

ステップ2:ファッションの基本ルールを知り、それに沿ってベーシックなアイテムを揃える

せっかくこだわりを持って服を選んでコーディネートしたとしても、そのこだわりがマイナスに働けば、かえってダサい人、センスが悪い人の烙印を押されてしまいます。

ファッションには最低限押さえておくべき基本ルールがあります。

以下が服選びとコーディネートにおける基本的なルールです。

服選びの基本ルール

  • 着てはいけないNGアイテムを避ける
  • サイズの合った服を着る

オシャレをするにあたり、避けるべきNGアイテムというものが存在します。

それ自体のオシャレ度が低い服を買わないのはもちろんですが、反対にオシャレ過ぎる服も使い勝手が悪く、自分が持っている服と組み合わせることを考えた場合、このようなアイテムも最初のうちは避けるべきNGアイテムといえます。

初めのうちは、極力シンプルでベーシックなアイテムを選ぶようにしましょう。

また、いくらアイテム自体が良くても、サイズが合ってないとオシャレには見えません。それどころか少し間抜けでカッコ悪い印象を与えてしまうこともあるでしょう。

服を買う際には必ず試着をして、自分に合ったサイズのものを選ぶようにしましょう。

オシャレへの最初の関門は服選びで失敗しないことなのです。

コーディネートの基本ルール

  • トップスとボトムスを組み合わせた際のシルエットに関するルール
  • カラーコーディネート(色の組み合わせ)に関するルール

服選びのルールに沿って選んだ正しい服も、アイテム同士の組み合わせが間違っていてはオシャレに見せることができません。

正しいコーディネートのルールを知ることがオシャレへの第二関門です。

ベーシックなアイテムを揃え、シンプルなコーディネートを作る

2つの基本ルールを守ったうえで、まずはベーシックなアイテムを買い揃え、シンプルなコーディネートを完成させましょう。

これでようやくその人自身のオシャレの土台が完成しました。

ステップ3:オシャレに見せるためのテクニックを身につける

基本的なルールを知り実践することで、シンプルかつ清潔感のある(そして悪く言えば無難な)コーディネートは作ることができます。

しかし、それだけでは不十分です。

昨今インターネットやSNSの普及により、オシャレに関する情報が簡単に手に入るようになったおかげで、誰でもそれなりの格好ができるようになりました。

表現が違えど、上で紹介したようなファッションにおける基本的なルールも、様々なブログで解説されています。

つまり、オシャレの平均値が年々上昇しているため、普通の格好をしているだけでは、その他大勢の中に埋もれてしまうのです。

そして、その中で頭一つ抜きんでるためには、基本ルールに忠実な無難な格好をするだけでは不十分で、+α(プラスアルファ)の情報やテクニックが必要になってくるのです。

メンズファッションに必要な3つの要素

男のファッションをオシャレに見せるためには、以下の3つの要素を意識して取り入れることが大切です。

  • 大人っぽさ
  • ドレス感、フォーマル感
  • 異なるジャンル(系統)のミックス

私服を選ぶとなると、ついカジュアル一辺倒な格好をしてしまいがちですが、それだと場合によっては子供っぽく見えてしまいます。

服を選ぶ際は、その服に大人っぽさを感じるか、その服は大人の男にふさわしいか、を意識して選ぶといいでしょう。

また、コーディネートを考える際は、その中にドレス感やフォーマル感のあるアイテムを必ず取り入れるようにしましょう。

そうすることで、ただオシャレなだけでなく、きっちりしている、しっかりして見えるなど、より好印象なコーディネートをすることができます。

そして、異なる系統(キレイめ、アメカジ、スポーティー、モード等)のアイテムをミックスすることで、よりオシャレに見せることができます。

反対に、一つの系統に特化したファッションは、たとえそれがオシャレであっても、万人受けは狙いづらくなってきます。

時には引き算も必要

ベーシックで使いやすいアイテムを、教科書通りに組み合わせるだけではオシャレとは言えません。

あえて基本形から崩してみたり、着こなしの隙を作ることで、逆にオシャレ度を高めることができます。「抜け感」や「外し」と言われるテクニックがこれに当たります。

ディテールへのこだわりと流行との距離感

いくらオシャレのルールに沿った服選びやコーディネートをしていても、そこに着る人自身が存在しなければ、本当のオシャレとは言えません。

アイテム選びや着こなしに自分だけのこだわりが入ることで、テンプレート通りの(いわゆる量産型と呼ばれる)格好を脱却し、本当の意味でオシャレな格好ができるのです。

一方で、自分のこだわりを重視するあまり、あまりに流行とかけ離れた時代錯誤な格好をしてしまうのも考えものです。

オシャレとされる格好とは時代によって移り変わるものです。

適度に流行を取り入れることも、こだわりを持つことと同じくらい大事なことなのです。

これら4つのポイントを抑えることで、その他大勢から脱却し、オシャレな人になることができます。

オシャレ度を高めるために今からできること

オシャレ度を高める最も簡単な方法は、ファッションスナップを参考にすることです。今では、雑誌はもちろん、ネット上にも無料で見られるファッションスナップが溢れています。

ファッションスナップとして取り上げられているということは、ファッションに精通した人(ファッション雑誌編集者、スタイリストなど)が、このファッションはオシャレだと判断したということです。

これらのファッションスナップをよく観察することで、ファッションを見る目を養いましょう

<参考になるサイト>

WEAR

Fashionsnap.com

反対に、アイテム単体の写真を見ていても、初めのうちはあまり参考になりません。どのように着るか、何に合わせるか、自分の判断基準がはっきりしないうちは、せっかくオシャレなアイテムを見つけても、それを活かす術(すべ)がないのです。

まとめ

最後に、オシャレになるために必要なことをまとめておきます。

目指すべき姿:服に対する自分なりのこだわりを持ち、周囲からもオシャレだと認識される。服がその人をより魅力的に見せている。

オシャレ度ステップアップの方法

ステップ1:オシャレに興味を持つ

ステップ2:ファッションの基本ルールを知り、ベーシックなアイテムを揃える
①服選びのルール       
②コーディネートのルール   
③ベーシックなアイテムを揃える

ステップ3:オシャレに見せるためのテクニックを身につける
①メンズファッションに必要な3つの要素を取り入れる
②引き算テクニックを覚える            
③自分だけのこだわりと流行を取り入れる      

今からできること:インターネットや雑誌を参考にして、ファッションを見る目を養う。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)



スポンサーリンク
広告(パソコン用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*