【ヘアスタイリング】市販の整髪料の中で最も使いやすいヘアジャム

715zxTUjgGL._SL1500_

世の中には無数に整髪料があり、どれを使えば良いのか迷ってしまいます。

現在僕が使っているのはGATSBY (ギャツビー) ヘアジャム ラフニュアンスです。

これがかなり使いやすく、全ての人に自信を持ってオススメできます。



オススメの理由

髪に馴染みやすい

髪への馴染みやすさは、セットのしやすさに影響します。ワックスの場合、髪に馴染ませる際、どうしても髪が引っ張られます。一方ヘアジャムは、ジェルのように髪に馴染むため、セット時のストレスがほとんどありません。

再セットがしやすい

髪に馴染ませた後のセットの猶予時間が、ジェルの場合はほとんどなく、その作業は時間との戦いになります。ヘアジャムの場合、乾いて固まった後も再セットが可能なので、余裕を持って髪を整えることができます。そして、日中髪型が崩れた場合も、再セットが容易です。

キープ力がある

キープ力に関しても、運動や強風に煽られるなど特殊な事情がなければ、髪型が崩れることはほとんどありません。セット力がウリのワックスはおろか、ジェルにも引けをとらないキープ力と言えます。

洗い流しやすい

洗い流しやすさも重要なポイントです。ワックスと違い、一回のシャンプーで綺麗さっぱり洗い落とすことができます。髪や頭皮の健康を考えると、ある意味最も重視すべきポイントかもしれません。

まとめ

以上のとおり、ヘアジャムはワックスとジェルの長所を併せ持った万能な整髪料です。それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

髪への馴染ませやすさ(扱いやすさ)
ジェル=ヘアジャム>ワックス

再セットのしやすさ(セット時の猶予時間)
ワックス=ヘアジャム>ジェル

キープ力
ジェル≧ヘアジャム≧ワックス

洗い流しやすさ
ジェル=ヘアジャム>ワックス

その他にも、仕上がりの自然さ、コストパフォーマンスの良さなど、良いところを挙げたらキリがありません。

これまで僕はサロン専売品の整髪料等も試しましたが、総合力ではヘアジャムがNo.1です。

整髪料選びに困っている方は、騙されたと思ってぜひ一度お試しください。

【ヘアスタイリング講座】男の髪型セットの基本原則

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)



スポンサーリンク
広告(パソコン用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*