• このエントリーをはてなブックマークに追加

高スワップに釣られてまんまと大損した話/FX ランド円取引から得た教訓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

bcd420d4ec94612ca78bf8525b8866b0_m

おはようございます。

南アフリカの通貨であるランドと円の為替相場が大変なことになっていますね。ロング(買い)ポジション持ちの方は、悪夢のような夜を過ごしたのではないでしょうか。

僕もその一人です。

ランドの高スワップに釣られて、ロングポジションを増やした結果、ロスカットまで後0.5円下落、というところまで来ています。

過去の安値を見てみると、2008年10月の7.6円が最下限でした。それ以上下がることはないだろうという予測のもと、ロスカットラインが6.9円になるまで、ロングポジションを増やしていきました。これでも十分余裕を持たせていたつもりでしたが。

昨日の下落では、過去の安値をやすやすと超えて(下回って)きました。来週もこの勢いで下落を続けたら、僕のポジションは一気に吹っ飛びます。

スポンサーリンク
広告(パソコン用)

問題点

今回の事態に至るまでに、まずい点がいくつかありました。

・下落トレンドにも関わらず、平均取得単価を下げるためポジションを買い増した。

・過去の最安値を下回ることはないと思い込み、ロスカットラインを過去の最安値以下に設定すれば、安全に運用できると思い込んでいた。

下落トレンドの中、この先いくらまで下がるかは誰にもわかりません。それを追いかけるのは自殺行為だと身に沁みてわかりました。落ちてくるナイフを掴む、まさにその通りだと思います。

過去の最安値は、あくまで過去のものであり、それ以上でもそれ以下でもありません。今回その安値を下回れば(実際下回ったのですが)、将来振り返ってみたとき、今回の安値が過去の最安値、ということになります。

過去の最安値、最高値を見て、そのレンジ内で今後も推移していくだろう、という思い込みは非常に危険です。

今回得た教訓

高い授業料となりましたが、次のような教訓を得ました。

  1. 下落トレンドの中、下がり続ける価格を追いかけナンピン買いをすることは危険である。
  2. 過去の安値以下には下がらない、という保証はどこにもない。

当たり前のこと過ぎて、書いてて悲しくなりました。欲にまみれた人間は、こんな当たり前の事すら見失ってしまうのですね。とほほ。

来週、奇跡のV字回復を見せてくれることを祈りつつ、曇天の週末を過ごしたいと思います。

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*