UNIQLOのジーンズ、おすすめです/セルビッジレギュラーフィットストレートジーンズ

IMG_1670

リラックスして履けるジーンズが欲しくて、UNIQLO(ユニクロ)の「セルビッジレギュラーフィットストレートジーンズ」を購入しました。履き心地など、早速レビューしたいと思います。

IMG_1665

(注)UNIQLOのレギュラーフィットジーンズには2種類ある

今回僕が購入したのは「セルビッジレギュラーフィットストレートジーンズ(商品番号:135738)」です。似たような商品で「セルビッジレギュラーフィットジーンズ(商品番号:146133」があります。

価格も同じなのでややこしいのですが、前者が昨シーズンのもの、後者が今シーズンの商品となります。

公式サイトによると、裾幅が0.5cm異なる(昨シーズンのもの方が小さい)以外は、全く同じシルエットとなっています。

数字上はほぼ同じシルエットの両者ですが、試着した際微妙な違いを感じました。購入の際は、数字を鵜呑みにすることなく、必ず試着することをおすすめします。僕の場合、今シーズンのものの方が太もも部分にゆとりがあるように感じました。商品によって微妙な個体差があるのかもしれません。

IMG_1666

特徴

公式サイトによると

希少価値の高いセルビッジデニム。こだわりのユーズド加工を施し、セルビッジデニムでしか出せない味のある色落ちを実現しました。年代や着こなしを問わずどなたにもはきこなしやすいストレートシルエット。裾は折り返して、セルビッジの証である赤耳を見せてはくのがおすすめです。

だそうです。

セルビッジデニムは、味わい深い色落ちを楽しめるのが特徴です。僕は加工済みのジーンズを買ったので、あまり色落ちにはこだわりませんが。

また、程よくゆとりのあるシルエットなので、ストレスを感じず気楽に履くことができます。ここ数年主流だった細身のジーンズに換わり、今後の主流となっていくかもしれません。

股上はそこそこ浅めです。僕は浅めの方が野暮ったくならず好きなのですが、好き嫌いがわかれるところだと思います。

フロントはジッパーフライとなります。個人的にはボタンフライよりも開け閉めが楽なので好きです。

IMG_1672

良いところ、悪いところ

Good

  1. セルビッジデニムを使用しているため、独特の色落ちを楽しめる(生デニムの場合)
  2. ゆとりのあるシルエットで、ストレスなく履ける
  3. 下半身にボリュームが出るので、コーディネートの幅が広がる
  4. サイズが豊富なので、自分にピッタリのサイズを選べる
  5. 価格が安い(僕はセール価格(3,990円+税)で購入しました)

Bad

  1. レングスは最長でも85cmしかない
  2. 生地が薄く柔らかい(無骨さや頑丈さを求める方には不向きかもしれません)
  3. フロントのジッパーが粗い(たまに爪が引っかかります)

生地が薄く柔らかい点は、裏を返せばそれだけ履きやすいといえます。デイリーウェアとして購入をお考えの方には、むしろメリットになると思います。

着用イメージ

IMG_1680

IMG_1677

IMG_1712

29インチを穿いています。

身長176cmの僕で、レングス(股下)はピッタリだと思います。高身長の方がジャスト(ワンクッション)で穿くには少し短いかもしれません。

股上は浅めで、ベルト位置が骨盤よりも下になります。ベルトが無くても下がってはきませんが、スマホ等ポケットに入れる場合は、ベルトがあった方が安心です(重みで若干下がります)。

太もももふくらはぎも締め付けられる感じは一切ありません。

まとめ

高級感や細部へのこだわりでは、高級ブランドや専門メーカーにはかなわないでしょうが、個人的は大満足のジーンズでした(特にシルエット、履き心地が素晴らしい!)。新しい相棒の誕生です。

最後に、「セルビッジレギュラーフィットストレートジーンズ」はこんな人におすすめです。

  • 細身のジーンズに飽きた人
  • リラックス感のある履き心地を求める人
  • 安くてそれなりに良いものが欲しい人
  • 豊富なサイズの中から自分にピッタリのものを選びたい人

Men’s Fashion Manual
Men's Fashion manual←初心者~中級者向けのファッション講座です。
スポンサーリンク
広告(パソコン用)
広告(パソコン用)

フォローする



スポンサーリンク
広告(パソコン用)